ラベル バルセロナの祭り の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル バルセロナの祭り の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013/08/22

グラシア祭り 2013

Hola!

バルセロナでは昨日まで毎年恒例のグラシア祭りが一週間かけて行われておりました。

これはバルセロナ中で行われる地区祭りの中のひとつで、最も大きく有名な夏祭りで、「Festa Major de Gracia」と呼ばれています。


このお祭りの見どころは音楽、ストリートのデコレーション
castell と呼ばれる人間タワー correfoc (コレフォク)
correfoc は火の粉を噴き出す爆竹を振り回す大人の火遊びです。

私はアマチュアの音楽にはあまり興味がないので、音楽がメインの夜は避けて早い時間に訪れました。


おー、これこれ、これぞグラシア祭り。ドラゴンが大きすぎて通りづらい!



と思ったらこっちも負けていません。遠くから目立っていました。



こちらのストリート、テーマは工場
不用品がどっさり頭の上を飾っています。工場のラインを表してるのだろう。



その奥では・・・



おーっと、までもがラインに。こういった現実を堂々と見せるのがスペイン。



これはこの後、爆音で繰り広げられたであろう音楽ステージ。夜中まで続きます。

こんな狭いストリートで、すぐ横には普通に人が暮らしているのにこういうことをやっちゃうんです。

住人は寝られたものではないので、お金に余裕のある人は毎年この時期になるとバケーションをとって別の場所で過ごすのです。

私も夜中まで踊ったことはありますが、本当に本当にうるさかった~。
そして、少し暗いところに行くと人間の尿の臭いがひどかったのを覚えています。



のんびり歩いていると・・・



キター!correfoc (コレフォク)!!
大きな太鼓の音と共に狂ったようにやってきました。みんな避けてはいたものの火の粉を被っている人はけっこういました。あぁ、夏だなぁ。



こちらは鶏小屋。



我が国を思い起こさせる傘たち。



宇宙空間ストリートも。



道はだんだん人で溢れてきて、歩くのも大変になってきました。広場にもたくさんの人たちが。



こちら、日本の雑貨屋さんで見かけたうちわ
PAIPAI とはうちわのこと。

「パイパイ~パイパイ・ウンエウロ~ (1ユーロ)」
と声をあげて宣伝していた美人の友人。

一瞬耳を疑ってしまいました。えっ、1ユーロでパイパイありなんですか!?!?
日本のキャバクラのキャッチを思い出した。。



これはグラシア地区に唯一あるポルトガルのお菓子屋さんのエッグタルトと子豚を煮込んで揚げたもの。2つでたったの3.50ユーロ。
どちらもすごくおいしく、必ずまた戻りたいお店リストが増えました。



長い間友人とおしゃべりしていたらあっという間に暗くなりました。昼間見ると雑な飾りも夜ライトアップされたところを見るときれいなんだよな~。



爆音ステージをまだかまだかと待つ人々もだんだん増えてきました。我々は音楽が始まる前にさっと帰りました。



あ、一番最初に見たドラゴンがライトアップされてる!




そういえば、最近友人が経営するラーメン屋のおかげで「RAMEN」という言葉がバルセロナで流行っているのですが、帰り道にインチキ商売を見付けてしまいました。


この堂々と「RAMEN」と唄っているこのお店、ラーメンは扱っていません!中国人経営の日本食のテイクアウト屋。かろうじてうどんは見つけたけど。。。




さぁ、明日からは私の住むエリア、サンツのお祭りが始まります!!!






2012/08/21

グラシア祭り 2012

Hola ~ !

今年もやってまいりました、恒例の グラシア祭り 

日本に帰国中に友人たちが画像をFacebookにアップしていたので、もう終わってしまったのだと思っていましたが、たまたま道端で会った友人に今日までだと聞いて慌てて行ってきました。


お、見えてきた見えてきた。
このト音記号の奥は


何だかいいですね♡

この天から吊られている飾りも、大きなスピーカーも廃材からできています。
そう、このお祭りはそういったものを利用しようという大きなリサイクルイベントなのです。


このように通りにより雰囲気がガラッと異なります。


ステージを利用して卓球をしている若者も。おーい、まだ祭りは終わってないぞー。



Star Wars のコーナーも

やる気のなさがいいですよね。廃材を使用しているのでご勘弁ください。

お、音楽の通り!と思ったら

やってきました鼓笛隊。
けっこうな速さで移動していました。

暗くなってもまだまだ続く・・・

子供たちも眠りません。移動遊園地会場もあるのです。
ドラゴンボールはこちらでも大人気!

けっこう本格的です。私は歩き疲れて帰りましたが、子供たちはまだまだといった感じでした。


今年も気になっていたこのお祭り。最終日ということで人だかりが少なく盛り上がりには欠けましたが、訪れることができて良かったです。




2011/10/02

メルセ祭り2011!

先週末、ここバルセロナで最大のお祭りLa Mercè(ラ・メルセ)が開催されました。

メルセ(バルセロナの守護聖母)の日は毎年9月24日で、今年は前後の22~25日に市内の各地でイベントが催されました。
このイベントのために毎年100万以上の観光客が訪れるそうです!


花火大会、コンサート、パレード、人間ピラミッド、サーカス等様々なイベントがバルセロナ市内の様々な場所で催されます。


◆コンサート

旧市街にあるあらゆる広場で音楽ジャンルごとに行われました。
ジャズ、ロック、エレクトリックなど。
有名なアメリカのジャズミュージシャンも来ていたそうです。



◆ヒガンテスのパレード

ヒガンテとは巨人のこと。メルセと言えばこのヒガンテスパレードのイメージが強かったので、初めて見れて感激しました。
地域ごとに人形を何体か持っており、グループになって旧市街を一日かけて行進していきます。独特の動き方でゆっくり、ゆっくりと。

同居仲間のラウールが肩車をしてくれましたが、それでも大きいヒガンテスには敵わなかったです。


◆ワインのイベント

翌日の日曜日、バルセロネータ(バルセロナのビーチ)にてワインのイベントがあるということで、この日も同居仲間と出かけました。

多数のワイン会社がブースを構えていました。

ワインチケット、食べ物チケット、RIDELのワイングラス(各5ユーロ)を購入し、楽しい飲み比べ&食べ比べのスタートです。
グラスには首からぶら下げることのできるアイテムが付いていました。これは便利!!


チケットはそれぞれ6枚綴りになっています。
各ブースのアイテムによってチケットの必要枚数が異なり、自由に組み合わせることができます。


まずはガリシアの白から!と張り切ってブースに向かおうといしたら、ここはカタルーニャだからガリシアのはないよ!とラウール。
そうか、ここは独立運動が盛んな「カタルーニャ」なのだ。
正式にはスペインなんだけどまるでスペインではないのだ。

ちなみにここカタルーニャ出身の人に何人?と聞くと「カタラン(カタルーニャの男性)「カタラナ(カタルーニャの女性)と答えます。
決してスペイン人とは言いません。
日常の言語もスペイン語とは異なるカタラン(カタルーニャ語)です。

日本にいた時から大好きな「CODORNIU」のブースもありました。炎天下にキリっと冷えたCAVAは最高!


ワインはチケット1枚から、食べ物は主にチョリソ、生ハム、チーズがメインでチケット2枚分から揃っていました。


ぶらぶら歩いていたらパネルの穴から友人の顔が!!!
まさかこんなところで会うとは!!!思わず撮ってしまいました。

普段は買うことのできない高級ワイン、チーズ、生ハム等を少しずつ堪能できとてもわくわくするひと時でした。


◆街探索編

道のあちこちで普段見慣れない露店がならんでいたのですが、特に目を引いたのがこのモンゴルの遊牧民住居「ゲル」!!
私達以上にやはりスペイン人2人の方が興味を示しました。早速中へ。


ラウールは民族衣装の試着もしていました。
やたら似合っている。


もう少し歩くとアジアン格闘技ショーがやっていました。



かわいい椅子屋さんも発見。
空き缶、デニム、コルク栓、カセットテープ・・・どれも素敵でした。



このメルセに大満足し、4人そろって定番の自転車「Bicing(ビシン)」にて家に帰りました。



◆おまけ
港でワインを飲んでいたらこんなTシャツを着た人に出会ったので一緒に写真を撮りました。Tシャツのアップだけ載せときます。

京都で購入したそうです。明るい北米人でした。