ラベル バルセロナのビーチ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル バルセロナのビーチ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2012/07/22

シッチェス!!!

Hola ~ !

最近家に寝に帰るだけの日々が続いており、更新が疎かになってしまいました。


今回は前回の続きで学校のエクスカーションの続きから。


Freixenet社のワイナリーを訪れた後、我々が向かったのはリゾート地「Sitges (シッチェス)」


シッチェスはバルセロナの南、約100キロにわたって続く「Costa Daurada (コスタ・ドラダ)」(意味は黄金の海岸)と呼ばれる海岸のメインビーチ。
バルセロナのブルジョアたちの別荘地としても有名です。



そして・・・・・・

ゲイたちの集まる場所としても有名です。
ダッチワイフが担がれてる・・・。
そしてこの右の人にはこの手招きをされた後、一緒に写真撮ってあげる・・・と見せかけて頬にキスをせがまれました。
なんでもありですこの街。あぶないおもちゃを持って奇抜な格好で行進する集団もいました。昼間でーーーす!


これがビーチ!
バルセロナの海よりも青い!そして観光地とはいえ人も少ないです。
スペースがあったのでスカッシュをして楽しみました。
クラスメイトのうちだれも体のことを気にしないでみんながビキニ姿になりキャーキャー言いながらの水浴び。
海外のこういう開放的な考え方が気に入っています。
ここにはバルセロナと同じようにゲイ専用ビーチが存在しますが、こちらは一般向けのビーチです。
直前に結婚式があったのか、教会の目の前には花びらとお米が散らばっていました。

海に向かい伸びる大砲は中世に実際に使われていました。


観光地シッチェスだからランチも高いのかな~なんて思ったのですが、入った店はバルセロナと変わらず10ユーロ弱で前菜、メイン、ドリンク付きでした。
ただデザートが付かなかったのが観光地と街なかの違いなのかな。

私が選んだのは大きなヤギのチーズとバルサミコソースがたくさんかかったサラダ。
二皿目は牛肉100%のハンバーガー。


街もバルセロナとは違ったおしゃれ感があります。
19世紀末、芸術に理解を示すこの街に住むパトロンたちの周りに画家や詩人、建築家たちが集まっていたのだとか。
今でもシッチェスは芸術の街として有名です。


バルセロナまではバスで30分もかからず帰れました。
くたくたになって一眠りするのにちょうどいい時間でした。

オフィシャルな課外授業はこれで終わりですが、この後クラスメイトとまだまだ遊びました。次回はその様子を!


Hasta luego ~ !



2012/07/08

バルセロナのビーチ「バルセロネータ」!

Hola!

いよいよ夏本番!バルセロナには梅雨がないので夏前の憂鬱がないまま夏本番の快感がやってきます。
地中海に面したバルセロナはスペインの内陸側や北部、南部の人からは「蒸し暑い」ということで有名らしいですが、アジア出身の我々にとってはそれはあまり感じられず、カラっと暑い快適な気候です。ただ、実に暑いですが。。


最近週末の度にビーチに行っていますが、今日はとっても近所の「Barceloneta」にクラスメイトと行ってきました。「バルセロネータ」と読みます。


場所はここ
この緑色で囲っている部分が「バルセロネータ」のビーチ。
ちなみに地図中心に赤くマークしてあるところは街の中心地「プラサ・カタルーニャ」
バルセロナはとてもコンパクトなのに海も山も丘もある素晴らしい街。
このプラサカタルーニャからビーチまでは歩こうと思えば30分ぐらいで歩けちゃう範囲です。


昨日の記事にも書いたように、海で早速フリーWiFiゾーンを発見。こういうところがバルセロナの好きなところのひとつです。


これがバルセロネータ!
撮影位置はビーチの最東端。
半円型が浜に突き刺さっているような形のホテルのあるところは最西端で、このホテル周辺はゲイ専用ビーチということで有名です。


バルセロネータはこの奇妙なエレベーターのようなモニュメントがあることで知られています。広い浜の待ち合わせにも便利な目印。


シャワー、トイレも完備。


住み慣れてくると観光客の多い、イコール泥棒の多いここバルセロネータはなるべく避けて違うビーチに行くようになったのですが、今回はクラスメイトとの約束。
気軽に行けるこの場所は授業後のコミュニケーションにも最適です。
正午頃。これでも普段より人が少ない!どうしたんだろうなんて思ってるうちに、どんどん浜が人で覆い尽くされ、タオルを敷く場も探すのが困難な状況になっていきました。

こちらのビーチでは日本のように浮き輪で泳ぐ習慣がなく、ほとんどの人がタオルを敷いて日光浴をしています。
その横を「セルベサ、アグア、コカコーラ~」(=ビール、水、コカコーラ)とドリンク売りが通ったり、「マッサヘ~マッサヘ~」と中国人マッサージ師(自称)や、タトゥー(といっても本物でなく10日ほどで落ちるタイプ)屋やアフリカ式三つ編み屋、アクセサリー売りなどが次々と通っていきます。
地元の人はほとんど相手にしませんが、観光客は買う、買う。
だからバルセロネータは商売人にとって最高の地なのです。

こういった商売人がゆっくり歩く程度で比較的静かなビーチですが、今日は突然走って逃げるアジアン集団と追いかける北欧人集団を見ました。
よく観察してると、中国人が北欧人(客)にマッサージをしている最中にバッグの中の財布を盗んだとの事でした。
気付かれたことに気付いた中国人集団はサッと逃げました。
一番ゆっくり逃げた女性が捕まっていましたが、彼女が持って逃げたわけではなく、証拠がなく返されていました。彼女はおとりだったのだと思います。

ビーチのマッサージ屋はなんでもやると言われています。
final feliz(フィナル・フェリス)と呼ばれる示威行為の手伝いまで。
欧米人からは日本人も中国人も見分けがつかないのでまったく迷惑な話です。
しっかし泥棒までやるとは!
結局被害者はなすすべもなく憤慨しビーチから消えていきました。

バルセロネータには、他のビーチと比べ数は断然劣りますがトップレスの女性がたくさんいます。
それに気を取られてる間に泥棒の餌食にならぬよう、十分気を付けましょう。


◆オマケショット◆
何気に撮った写真にトップレスの女性が写り込んでいました。

日本との違いをとても感じる光景です。





2012/04/12

バルセロナの隣町「カステイデフェルス」のビーチへ

Hola!

街を歩いているとタンクトップ一枚短パンサンダル姿の人もいれば、セーターロングブーツロングダウンコート姿の人などもいてとても面白いです。
日向は暑い、でも日陰は寒いという感覚が際立った季節です。


今日は、休暇中に訪れた「Castelldefels(カステイデフェルス)」についてお話します。

バルセロナから南西に約20キロのところにある美しいビーチのある街です。

相方のバイクで初めて遠出したのですが、あまりの強風にヘルメットごと頭を持って行かれそうになりました。息がしにくくて何度か休憩して到着。

ご覧の通り到着しても強風でしたが広い景色を見るのっていいですね~。
お弁当を持って出かけたのですが、強風のため食べる場所がなかなか見つかりませんでした。

 波が激しくて海全体が真っ白。


海と山がバルセロナよりも近いカステイデフェルス
この強風を利用してカイトボード(カイトサーフィン)を楽しんでいる人がたくさんいました。


風に乗り出発する瞬間。
風に勢いがあり華麗に波に乗ってて気持ちよさそうでした。
ただ、あまりの強風のためカイトをなかなかたためず、休憩するのが困難な様子でした。


砂浜が途切れ、橋が架かったようになっていました。
近づくとこんな感じ。
池状になった部分は大人の腰あたりまで水位がありました。不思議な砂浜。


ビーチのすぐ向かい側には住宅があります。
この街のどこかにあのメッシが住んでいるそう。自身のオフィシャルサイトでそのことを公開していました。(2013年追記:お子さんの誕生を機にメッシはバルセロナ市内に引っ越しました。)


かつてロナウジーニョがバルサに所属していた時に、彼もこの街に住んでいました。
ここカステイデフェルスは当時売春街で有名でした。
ロナウジーニョがレストランを貸切りにして大勢の売春婦と遊んでいたことは有名な話です。
ここ3、4年前に売春行為が摘発され、静かな街になったそうです。

が、帰りに大通りで網タイツ&ミニスカートで挑発する売春婦を発見。まだやってるんだ。。



というオチもありましたが、バルセロナからこんな近くにきれいな海があるなんて感激です。
今回は日光浴はできませんでしたが、夏に再び訪れる楽しみができました。



*********************************************************************
Casteldefels (カステイデフェルス)

バルセロナから列車で約20分。
Platja de Casteldefels(プラッチャ・デ・カステイデフェルス)駅からビーチまでは約50m!
*********************************************************************


2012/04/03

バルセロナのビーチ「ディアゴナル・マル」

バルセロナに日光浴の時期がやってきました。

今、セマナ・サンタ(イースター)の休暇中で仕事はあるのですが学校は休みでとても浮かれています。
昨日、どこに行こうかと天気予報を見るとなんとめったに雨の降らないバルセロナの週間天気予報に多くの雨マークが。

ということで、昨日慌てて海に行ってきました。
引越したばかりで、荷物を運ぶためにここ数日間は毎日前のピソと新居の往復で小さな世界しか見ていなかったので、大きな自然を見たくなったからです。


いつもなら自転車や徒歩でも行ける中心地に近いBarceloneta(バルセロネータ)というビーチに行くのですが、たくさんの観光客がいることが想像できたので、今回は足を延ばして初めて「Diagonal mal(ディアゴナル・マル)」 というビーチに行ってきました。

このディアゴナル・マルは市内北の大通り「ディアゴナル」を東に進み、マル = Mar(海)と交差したところにあります。
非常にわかりやすい地名です。

 雨が降り出しそうな天気でしたが想像以上に人が集まっていました。


よく見ると・・・
海に入っている人が。

いくら地中海とはいえ海に入るには寒すぎる時期ですがさすがスペイン!



砂浜に寝転がってリラックスできたところで、ビーチから歩いて5分のところにあるショッピングセンターへ。
 その名も「Diagonal Mar」

この辺りは新開発地区で、このショッピングセンターは2001年にオープンしました。
ZARA、MANGO、H&M、Blanco、Desigual、Tous等、スペインではおなじみのショップが入っています。

Desigual (デシグアル) といえば、最近日本でもオンライン販売を始めたようです。



▲【Desigual】オンラインショップ



 駅のプラットホームをイメージした造り。

ショッピングモールってどこも似てるなぁ。イオンにいるみたいでした。


これはDUNKIN'DONUTSで見つけたいかにも体に悪そうなドーナツ。
かわいいーと言って目の前で一つ売れていくのを見ました。日本じゃウケないだろうな。


これはポップコーン専門店。
モールは全体的にけっこう空いていたのですが、このお店とマクドナルドだけは行列ができていました。
のポップコーンの色も、今や日本ではなかなか見られなくなった色ですね。

あ、ちょうちん!と思ったら韓国料理のお店。本当にたこ焼きはあったのであろうか。
このSUSHIバーは全然おいしくなさそう(笑)


これは家電量販店「Media Markt」で見かけたトースター。
上から入れるところがないからどう焼くのかといじってみたら、手前の金具に挟んで焼くことが分かりました。片面しか焼けないらしい。


そしてこちらはスーパーとホームセンターを兼ねた「Alcampo(アルカンポ)」
スペイン全土に53店舗ある郊外向けのチェーンです。このマークのセンスが日本っぽい。


アルカンポ内のエスカレーターは空港にいるかのようなカッコよさ。


ディアゴナルマルのショッピングセンターは特別なものはなかったのですが、このエスカレーターだけはカッコよかった。


スペインのレジの精算方法は、かごの中身を自分でベルトにのせて店員がバーコードをかざしていって、かごなしで品物だけが受け取り台へと運ばれるのですが、その台の上に子供を立たせて遊ばしている父親を発見。もちろん土足です。スペインだな~。


****************************************************
Diagonal Mar (ショッピングセンター)

エリア:サンマルティ地区
住所:Avinguda Diagonal 3, Barcelona
電話:93 567 7600
最寄駅:El Maresme Forum (L4)
営業時間:10:00~22:00
定休日:日曜日
URL:http://www.diagonalmarcentre.es/
****************************************************