ラベル カタルーニャのワイン の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル カタルーニャのワイン の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2012/06/09

ワイナリー「アルス・ヘリピンス」のお宅でパーティー

Hola!

先日、ワイン醸造家のお宅で開かれたパーティーに参加のチャンスがありました。
スペインワインと日本の市場との架け橋をしているバルセロナ在住の日本人の友人伝いに招待してもらえました。

訪れたのは「アルス・ヘリピンス」というワイナリーをお持ちのお宅。
オーナーであり女性醸造家のグロリアがこの度お誕生日を迎えるということで、今回は彼女を祝うパーティーでした。


バルセロナから電車で約1時間、Vilafranca del Penedès(ビラフランカ・デル・ペネデス」 駅に到着。
日本人4人組で参加しました。


主役のグロリアの友人に車で駅まで迎えに来てもらい、そこから約30分かけて山奥へと。


いくつか村を通り過ぎでたどり着いたのはちょっとした広場。そこにはこんな看板が。
グロリア47歳の誕生日会はここですよという、駐車場の看板。
娘のベルタちゃんがつくりました。
かわいい!しかも歳を書いちゃうとこがいいですね。


駐車場から彼女の家の風景。奥の方に見える白い建物が家です。
なんてのどかな風景でしょう。


これが彼女の家。すぐ隣にはやはりブドウ畑が。


こちらがお宅の中。
地面から生えている植物がとてもオシャレ。

ホテルのロビーみたいな客間と、「グロリアおめでとう」とカタルーニャ語で書いた飾り。


こちらはキッチン!
バルセロナ市内のピソのキッチンは建物の内側に面していて自然の明かりをふんだんに浴びることはできないケースが多いのですが、ここは全く逆でした。
トントンと野菜を切りながら目の前の絶景が眺められるのです。


こちら、紫の服を着た彼女が今回の主役のグロリア。


お料理の紹介
オリーブ、ムール貝、有機野菜のサラダ、トルティージャ、野菜マリネ、野菜パイなど。
このオリーブはお庭にあるオリーブの木に生っていたもので、摘みたて。
こんなに新鮮なオリーブを食べたのは生まれて初めてでそのおいしさにとっても感動しました。
他の野菜もこの村でできた採れたての物。発色が違いました。
街で見る野菜より生き生きしてる!


広大なお庭でブティファラのバーベキュー!


友人がバルセロナ市内で買って持ってきてくれたお寿司にみんな大喜び。
スペインでもお寿司は大人気です。


クスクスもおいしかった~!
お庭には総勢40名ほどが集まりました。
多くのスペイン人に囲まれ、かなり会話の勉強にもなりました。


ワイン醸造家のお誕生日会、もちろんワインも素晴らしい物でした。
ソムリエの友人に注いでもらいました。
このワインのコルクに書かれた文字はなんと日本語。「愉快なベルちゃん」と。
ベルちゃんとはグロリアの愛娘、ベルタのこと。
ガルナッチャ種100%のこのワインは日本の「ワイナリー和泉屋」さんの90周年記念として造られたワインです。

ちょっと酔い覚ましに近所を散歩しました。
これはよく見たらアーティチョーク。こうしてできるんですね。
自然に生えてるアーティチョーク、初めて見ました。

これより先、自然に生えてるオレガノやタイム、ローズマリーを摘みに山奥へと歩みました。
家に持って帰って早速肉や魚と調理したら、ビックリするほど香りが豊かでした。


子供たちの遊びも街の子と全然違う!こういう子供たちの光景、もう何年も見てなかったかも。
会は15時に始まり21時頃まで続きました。
バルセロナに住み始めてから約1年、こんなに大自然に触れたことはなかったので何もかもが新鮮に映りました。
空気が、野菜が、ワインがおいしい!そして人々はとっても穏やかで優しい。
バルセロナに住みながらもこんな体験ができ心底癒されました。

スペインの良さ、カタルーニャの良さを改めて感じた貴重な一日でした。


最後にベルタちゃんと。
15歳の彼女の眼はとっても澄んでて彼女の笑顔に何度うっとりしたことか。

この機会を与えてくださった友人たちに感謝。