ラベル アンドラ旅行 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アンドラ旅行 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2011/08/29

スペインとフランスの国境にある小さな国、アンドラへ

Hola!

みなさん「Andorra(アンドラ)」という国をご存知ですか?

スペインとフランスの国境に位置するとても小さな国です。
日本で言うと金沢市の面積と同じぐらいです。人口は約7万人
公用語はカタルーニャ語ですが、スペイン語もフランス語も通じます。




空港、港、鉄道がなくなかなか行きにくい国なのですがすが、この度私が応援しているフットサルチームがこの国へ遠征するということで、特別に貸し切りバスに乗せてもらい観戦を兼ねて観光に行ってきました。
ここに行くことが長年の望みだったのでとてもラッキーでした!


さて、出発!


スペインは都心を離れるとわりとすぐに無人地帯が現れます。
多くのオリーブの木を見ました。ひまわり畑もありました。


しばらくフランス方面に進むと岩山が現れます。
 そしてそれがだんだん近づいてきます。
しばらく岩山と岩山の間を走ることになります。


そしてバルセロナから走ること2時間半で国境に到着。
これまで20ヶ国以上を旅しましたが、陸路で国境を渡るのはこれが初めて。
周りのスペイン人選手たちからしたら国境通過は何でもないことみたいでしたが、私にとっては貴重な体験となりました。


首都のアンドラ・ラ・ベリャに着き選手たちと別れてひとり街を練り歩きました。
バルセロナと違って空気が乾燥していて、バスを降りた瞬間に清々しさを感じました。
標高は1000m

ここアンドラの最大の魅力は電化製品や外国からの輸入品が免税で買えるということ。
独自通貨は持たず、EUには非加盟ですがユーロを使うことができます。


↓こんなショッピング通りが2キロほど続いていました。

バルセロナは日曜日はほとんどの店が閉まっていますが、ここアンドラはほぼすべて開いていました。



香水屋



時計屋



宝石屋の名前はなぜか「KYOTO」!



岩山の狭間に存在する、ちょっと違和感のあるフェラーリショップ



オシャレな雑貨屋も。



こちら、スペインで大人気のアパレルブランド「Desigual (デシグアル)」。
スペイン語で「同じじゃない」という意味で、奇抜なプリントや刺繍が日本でもじわじわと人気を集めてきているようです。


▲【Desigual】は日本からはこちらで購入が可能です。




石造りのホテルに教会。



おもしろい店構えのソーセージ屋



アンドラのピソ。冬は豪雪地帯となるため、どのピソも屋根がこのように斜めになっています。


輸入品は噂通りに確かに安かったです。

例えば

タバコ (マルボロ) 1箱 2.70ユーロ
お隣のスペインでは4ユーロ、フランスでは5.50ユーロ。
これでもマルボロは少し高めでしたが、その他のタバコは1カートン20ユーロ前後で売っていました。

スイスチョコレート300グラム (けっこう大きいです1.70ユーロ

リキュール類は1瓶スペインでは10ユーロ超えするものが3~8ユーロ

といった感じでした。

ただ、観光地だけあって食事は若干高かった気がします。
アンドラの名物料理をお店の方に聞いてみましたが何もないとの事でした。
なぜかイタリアンの店が目立ちましたが、観光客が多い割にはレストランの数は少なく、世界中ですし屋を展開している中国人の店さえありませんでした。


のんびりショッピングをしていたらあっという間に時間が過ぎ、急いで体育館へと足を運びました。



左:なんとものどかな体育館
右:体育館の中から。こんなに天井が高い体育館はスペインで初めて見ました。入り込む光がとても美しかったです。


試合は2-2の引き分け。
監督に頼まれビデオを撮影していたためじっくり見ることができませんでしたが、今シーズンのL'Hospitalet(フットサルチーム)も私を魅了してくれそうです!


そしてなんと対戦相手の「オテルツ・プラサ・アンドラ」に日本人が!!!
試合開始直前に知った嬉しい驚きでした!

試合終了後、記念写真を。
今シーズンからこのチームに移籍してきた山下裕生選手、21歳!

アンドラに住む逞しい日本人!応援します!


ということで楽しい滞在も終わり。バスに乗り込み帰国しました。


アンドラ日帰り旅行、とても刺激になり楽しかったです。

選手たちは試合後で疲れているはずなのにバスの中で誰も寝ずに終始おしゃべりをしていました。
さすがスペイン人です!