2016/05/02

ティマンファヤ国立公園をラクダに乗って見学

 ランサローテ島の一番の観光スポット、”ティマンファヤ国立公園”ではラクダに乗って散歩することができます。

ティマンファヤ国立公園のオフィシャルの入り口からは離れたところに乗り場がありますのでご注意を。

乗り場に着くと、数十頭のヒトコブラクダがおとなしく座っていました。

こぶの上には二人掛けの椅子が。

かつてモロッコのサハラ砂漠にて同じくヒトコブラクダに乗り長い距離を移動したことがありましたが、その時はこぶの上にブランケットが敷いてありその上に跨る形で乗ったのを覚えています。

この緑の椅子だけでも重そうだ。


先に出発していたグループが帰ってくるところでした。
グループを先導するラクダ使いはこうしてポーズを決めてくれました。


一人で乗る夫の後ろで、私はパリから遊びに来てくれた友人と二人で乗りました。

ラクダ使いの指示で、体の大きな夫は同じく体の大きなラクダに乗ることに。ラクダの曲げた脚がかわいい。
左右の重さのバランスをとるために砂袋が次々に積まれていきました。ゴメンネラクダさん。


 へぇー、立つと想像以上に大きい!

 ラクダには一頭ずつ名前が付けられています。
夫の乗った大きな雄ラクダは「グレゴリー」、私たちの乗った小さめの雌ラクダは「アナ」。

ラクダが立ち上がる前まではロープで繋がれた列の一番後ろだったのですが、いつの間にか後から到着したお客さんの列と合体。
振り向いたらいきなりラクダの顔があって驚きました。


国立公園内の散歩が始まりました。

モロッコでラクダに跨る形で乗ったときは、一歩一歩の振動が体に伝わり少ししんどかったのを覚えていますが、この椅子のおかげで体には何の痛みもなく快適でした。
ラクダさんにはなんだか申し訳なくなりましたが。


前を歩くグレゴリーくん、地に足をつける度に足のプヨプヨした脂肪が広がりかわいい。



足先には脂肪が多く、重みで脂肪が広がり重さを分散し、足が砂にめり込むことなく砂漠の上を歩くことができるのだ。


後からラクダ使いに聞いた話によると、背中のこぶには脂肪が入っており、食事ができないときの栄養分となるそうです。
栄養状態の良い時こぶは大きくなり、エネルギーの蓄えがなくなってくると小さくなっていくということだ。
ちなみに出生時はたるんだ空っぽの袋だけがある状態で生まれてくるのだそう。


 こんな風景をゆっくりと散歩。火山の見せる様々な色が実に美しい。

ラクダに揺れながら、静かに流れるこの時間。
火山や空、そして地球のことを考えながら、その偉大さを改めて感じ、我々はなんて小さい存在なんだろうと考えてみたり。

っとふと後ろを見たら、ラクダに乗りながら赤ちゃんにおっぱいをあげているお母さんがいました。
そんな、実にゆる~い散歩。

っとそこで、私の隣にいた友人に取引先から電話がかかり、まじめな話をこの大自然の真っただ中でラクダに乗りながらやってのけたのです。

ブラボー!

 こんな風に頭を撫でてもまったく動じないアナちゃん。


営業時間ギリギリに滑り込んだペアは特別待遇!?でした。絵になる~。



これが ランサローテ島の楽しみ方のひとつ。


 ランサローテ島にラクダがやってきたのは16世紀初頭。
この島に古くから根付いているワイン用のブドウ栽培には、葡萄運びとして欠かせない動物でした。
そして今はこうして人間を乗せ、この島の観光に欠かせない動物となりました。


辺りに小屋らしきものは見当たりませんでしたが、どこに住んでいるのであろう、ラクダたち。
数世紀に渡り我々のために働いてくれどうもありがとう。


ホテルトラベル