2014/05/30

ぼくらの〇日間戦争 inバルセロナ (4日目)

昨日もまた、月曜日から続いている若者たちのデモがありました。


まずは昨日まで (4
間のデモ) の被害を報告します。

遠くから問題の「Can Vies」に近づく形で順に写真を貼っていきます。



思わず目を疑ってしまったケンタッキー。こんな状態で営業してる。



めちゃくちゃです。



こちら入口側は破壊的。問題となっている「Can Vies」の取り壊し反対と。



銀行の入口。



ひどい!



こちらは別の銀行。
修理に来たガラス屋さんがポーズを取ってくれてます。この余裕さ。そりゃそうだ、この戦いでガラス屋は儲かるのだ。



シャッターはこんなに曲がっちゃってます。写真ではわかりづらいですが、これじゃたぶん開きません。



電気会社の大事なボックスもこんなんになっちゃってます。



地下鉄の表示板のガラスはご覧のとおり。



こちらも。



こうなったらもうアートのよう。



こちらは別のATM。



公衆電話も痛々しい。



このお店はすべてのガラスが砕け落ち、ドアは仮の物を、それ以外は翌日に交換しました。まだ戦いは続きそうなので早すぎる交換なのではと思うのですが。。



この銀行の黒い壁部分はすべてガラスだったのですがご覧のとおり。急遽休業中。



そこらじゅうにアナキズムを示す落書きが。



こちらには「警察はこの地域から出て行け」と。




だんだん問題の場所
「Can Vies」に近づいてきました。



前日に炎々と燃えていたごみコンテナがあった道路。アスファルトってこんな溶け方をするんですね。



問題の建物の付近には至る所に「アンチファシズム!」と。



こちらが問題となっている若者たちが占拠していた「Can Vies(カン・ビアス)」
解体工事が始まり、止めろとばかりに燃やされたクレーン車が災厄を物語っています。



こちら側にまわってじっくり見たことがなかった・・・というか、この事件が勃発するまでここが占拠されている建物とは知らず素通りしていたのですが、けっこう大きいことに気付きました。
地上階はカルチャーセンターのような機能を果たしていたそうですが、上の階は住み家っぽい。
アンチファシズムのアートが目を引きました。



燃やされたクレーン車には「GUERRA (ゲラ)」と。戦争を意味しています。



これは昨日18時20分の広場の様子。昼間は本当にいつもどおりの平和を感じるんです。



23時。警察が来たーと急いで逃げる若者たち。



追いかける警察の大型車は約15台。



昨日で4日目。夜中の2時近くまで発砲音と騒ぎ声、数台の取材ヘリコプターが飛び回る音でなかなか寝付けない夜でした。


いつになったら”GUERRA”をやめてくれるのでしょうか。


ここは普段は実に平和で大好きなエリアなのです。
早く平穏な日が戻りますように。





*************************************
5月31日追記:


この立てこもりから始まった若者たちの粗暴事件、60人が逮捕(うち20人は3日目、23人は4日目に逮捕)され、、被害総額は20万ユーロ(現在のレートで約2,800万円)にふくれ上がりました。
主に銀行が襲撃され、16個のATMが壊されました。
解体が決まりトラブルの発端となった Can Vies (カン・ビアス) はすでに解体作業が進んでいたのですが、「抵抗」ではなく、「GUERRA (戦い)」へと発展した理由で、本日市の命令により作業が中止となり、再び元通りの平和が訪れました。不法占拠者の話を聞かざるを得なかったということで何とも情けない結末ですが、これでよかったのだと近所の皆さまも胸をなでおろしています。