2014/01/28

フットサルのスペイン代表監督に会いました

つい先日まで我が家に元Fリーガー (Fリーグとはフットサルのリーグのことです) であり、現プロサッカー選手である方が滞在し、2週間丸々フットサル&サッカー漬けの日々を送りました。

いろいろアテンドをさせていただいたのですが、そのうちの一つ、フットサルの「バルサVSマルフィル」バルセロナダービーについての報告を。


シーズン前半にマルフィルのホームでこの戦いを見た時、いい調子でマルフィルが勝っていたのですが、途中で大型貸切りバスに乗ってやってきたバルサの強烈応援団「DRUCS(ドラックス)」の乱入!?によりあっという間にバルサが有利になり、結果 2-3 でバルサの勝ちという、熱い、しかしあっけない試合を観たのでこの後半戦はマルフィルに期待していました。


こういう熱いダービー戦にも遅れて入るのがスペイン流なのでこの時はまだでしたが、この後あっという間に満席になりました。


私達のすぐ後ろに、そしてまばらにマルフィルのファンがいたのでほっとしました。
バルサも好きですが、マルフィルには特別な思い入れがあり応援しているのです。

バルサは10番のイゴールがケガで欠場していましたが、チームの要であるセルヒオ・ロサーノのケガは治り、この度ほぼベストメンバーで挑みました。


こちらマルフィル・サンタ・コロマ陣。真中にいる坊主の彼、ダニ・サルガドリーグの得点王。しかもダントツです。
彼は得点に特化した独特な動きをするため、彼をチームに持つということは彼のチームを作らなければいけない、そんな存在なんだそう。
そのためにスペイン代表としては招集されないのです。とにかくすごい選手。



前半、一気にバルサに3点が入り 3-0 となり試合の流れが見えたようでしたが・・・

火が点いたダニ・サルガドの勢いは誰も止められませんでした。


しかし、
決して動じることなく吠えることなく独特なタイプのバルサの正キーパー、パコ・セダーノ はこう見てもやはり冷静です。

熱い逆襲は続きました。そしていつの間にかダニ・サルガドハットトリックを決めていました!


これがマルフィルの最後の得点。4 - 6 となり思わず立ち上がっちゃうマルフィルファンの観客たち。


こうしてマルフィルはホームで得られなかったダービーの勝ち点をアウェイ地で得ました!


さすがドラックス、負けた後にはいつも以上の大きい声で応援を始めました。

サッカーのバルサの熱狂ファンは試合が終わったらあっさり帰る、もしくは試合終了前に帰るのが普通ですが、フットサルは違います。
試合後の応援、まるで日本みたいです。


バルサのキャプテン、ジョルディ・トーラス のファンサービスはしばらくの間続きました。




私もすごい人にファンサービスしていただきました。
スペイン代表監督「José Venancio López (ホセ・ベナンシオ・ロペス)」に偶然会えたのです
他のスペイン人とは違う、何だかリッチな匂いのする監督でした。ラッキー!





2014/01/24

カガネル人形がついに日本上陸!

Hola!

前回の記事で予告しましたが、カタルーニャ地方で大人気のカガネル人形がついに日本に上陸しました!


「Caganer (カガネル人形)」は18世紀から続く幸運をもたらすカタルーニャのお守りです。

当初はカタルーニャ地方の民族衣装を着た人形のみだったのですが、近年になりモチーフの対象を地元バルサの選手や他の有名スポーツ選手、世界的に有名なミュージシャンアニメキャラ、さらには政治家王室関係者などまで拡大し、爆発的人気を誇っています。


これがカガネル
一見普通の人形なのですが、実は後ろがすごいんです。


例えばバルサのセルヒオ・ブスケツ選手


うしろは・・・

あらら、排便をしています。

この排便が地面に肥料をやり、翌年の豊作につながるというわけで18世紀からお守りとして親しまれているのです。

側面や背面から見ると排便をしている姿が丸見えですが、正面からはそれが見えないようにデザインされているところが人気の理由の一つでもあります。




この度、この大人気商品を日本に住む友人が代理店として販売することになり、それにあたり工房兼オフィスを訪れましたので、
その模様と共にアイテムを紹介していきます。


バルセロナから中距離列車に乗り約1時間半、のどかな街にやってきました。


オフィス兼工房はとっても立派!さぁ、中へ。


まずは壁にずらーっと並ぶカガネルに関する記事や有名人との写真の量に驚きました。これはほんの一部。


通常のカガネルは手のひらサイズですが、こんな大きいのもあるんだぞーっと驚かせてくれたマーケティング担当のセルジさん



さっそく工房へ。

ずらーっと並ぶ素焼き状態のカガネル




アップにすると・・・
あ、ミックジャガーだ!!!その下にいるのはプジョルです!


これはそれぞれの型の棚。


あ、ピケだ!バルサファンの私は彼の型を見るだけでテンションが上がっちゃいました。


まずはこうしてひとつの彫刻を作ります。
会社は家族経営で、これは長男マルクさんの仕事。彼は街の巨大なモニュメントを作るアーティストでもあるのですが、こうして小さな作業もできるのです。


そしてオリジナルからこうして肩を作り、粘土を詰めて形成していきます。
このように作業はすべて機械ではなく人の手なのです。


ちょうど色塗り作業の最中でした。
これはカタルーニャの民族衣装を着た元祖カガネル


新商品であるアウェイユニフォームを着たバルサの選手を仕上げているところでした。
後ろの大きなお尻が気になりますが。


見学の模様。
カガネルを有名人で作ってしまおうと発案したお母さんや、この度日本で代理店販売を始めた「LIGA」の代表、渡部氏の姿が。



お母さんはとても気さくで温かい方で、いろいろと説明をしてくださいました。
.
これは初めてバルサのユニフォームを着た100年以上前のもの。
昔はこうしてエンブレムも手書きだったのだそう。気が遠くなる細かさです。


カタルーニャが誇る絶景ののこぎり山「モンセラット」の修道院でおなじみの黒いマリア像も作っちゃいました。あちらも金色ですね。


作りかけと出荷待ちの Playmobil くん。カタルーニャの服が良く似合ってる!




工房見学の後はじっくり商品を見せていただきました。
あの暴れん坊も恥ずかしがり屋も高貴な人もこうして屈んでるのがかわいい

ペップ (グアルディオラ) 監督やマラドーナも!


メッシのバロンドール記念は2パターン。


プジョルは他の人形と違ってとにかくデカい、重い!


こうして記事にもなったのです。


  
モウリーニョ!その左はラモスですね。ヒヒヒ。



ジョン・レノン、マイケル・ジャクソン、ミック・ジャガー、シャキーラなど。


タイガー・ウッズ、フェルナンド・アロンソ、スペインが誇るNBA選手パウ・ガソルなど。

ガンディ、ピカソ、自由の女神にローマ法王。


かの有名なドラクロワによるフランス革命の絵画「民衆を導く自由の女神」も絵画から飛び出して登場!

マリリン・モンロー、チャップリン、シンプソンズ、ピンクパンサー、ストーム・トルーパー。



イギリスの王室の方々。


バルセロナで愛されているグエル公園のオオトカゲやコロンブスの塔、小説ドン・キホーテの登場人物や考える人、アインシュタインも。


我らの国のお相撲さんもいました!




実はこのカガネル日本のテレビ「世界の果てまでイッテQ」で紹介されたことがあり、番組のためのオリジナル作品も見れました!



それがこちら↓
こちらは非売品です。


森三中の浴衣がいいですね!カガネルに浴衣を着せたのはこれが初めてなんだそう。


イモトさん、リアル!



ベッキーまで!


出川さんには・・・何かささっています!番組側のリクエストで排便の最中ということ。


その時の写真がありました。



番組はこちらからご覧いただけます。





こうして楽しい工房見学を終えました。


実に忙しい方々ですが、ゆっくりと時間をかけて暖かく対応してくださいました。感謝の気持ちでいっぱいです。



我が家に連れてきたピカソとペップ。
来客がある度に注目の的となっています。



この度、日本で唯一の販売代理店ライセンス契約を果たした
「LIGA」のサイトから購入が可能です

幸運を呼ぶため、有名人のファンとして、もしくは笑いのネタにプレゼントとしていかがでしょうか!

アメリカやオセアニアからは既に注文殺到中だそうです。日本で完売となる前に!







最後にもう一度言いますが、これは幸運をもたらす由緒正しきお守りなのです!