2013/12/19

コパ・デル・レイ 「バルサ VS カルタヘナ」

最近バルサ漬けの日々が続いています。

一昨日、カンプ・ノウで行われた国王杯Cartagena (カルタヘナ) とのベスト32
の試合にソシオである友人が席が余っているからと招待してくれました。


対戦相手のカルタヘナはスペインの南東、ムルシア州にあるフットボールクラブ。
昨シーズンまでしばらくナショナルリーグ2
部で戦っていましたが、今年から3部に降格してしまいました。

1
部リーグに所属しているチームは国王杯にてシード権があり、トーナメントの途中から参加することになります。
今回のカルタヘナは、初戦であるバルサと対戦する前に3回も勝ち上がってきたことになります。


勝ち続けてきた下部のチームはシード権を持つ名門に当たり大敗してしまうのが普通ですが、それを覆したのは2009-10シーズンのコパ、「レアル・マドリー」vs「アルコルコン」
ベスト32 (今回のバルサvsカルタヘナ戦と同じ) にてアルコルコン (当時3
部リーグ) はレアルマドリー相手にホームで 4-0 と大勝、アウェイでは 0-1 で敗れたものの、2試合の合計で 4-1 と勝りレアル・マドリーを破り、この進撃はアルコルコナソ (Alcorconazo) と呼ばれ語り継がれています。



前置きが長くなりましたが、アルコルコナソのようなことがあり得ることも考えながらスタジアムに向かいました。

ちなみにこの試合はホーム&アウェイ戦の第二戦目で、第一戦は 1-4 でバルサが勝利しました。


ん!?いつもと違う雰囲気のカンプノウ。圧倒的に外国人と子供が多かったです。
この日のチケットは12ユーロから購入が可能で、普段観に来れない人が多いように感じました。
10歳未満の小さな子供の団体が数えきれないほどいましたが、試合開始は22時

スペインの子供は実に夜型です。

この日は野次やラッパの音や興奮度が異様に激しく、ここはカンプノウなの!?と疑うほど。

物を投げる人の姿やカルタヘナのファンに喧嘩を売るシーンも何度か見ました。
試合中なのに通路に立ち記念写真を撮る人も目立ち、視界に入り試合に集中できなかったのですが・・・仕方ない。



カルタヘナの守備は9人態勢。これほどディフェンスに力を入れるチームを見るのはスペインのチームとしては初めてでした。
もちろんこれはバルサ対策で、普段はもちろんこういった守備はしないでしょうが。



今日はプジョルが先発!久しぶりに彼のプレーを見ました。
怪我続きの彼は、ホームでは9ヶ月振りの出場でした。
首の丈夫な彼のヘディングシュートが見たかったのですが残念!という一枚です。



前半は 1-0 で終了。
バルサが攻めて相手が守るという繰り返しでほとんどコートの半面しか使っていなかったので、後半に入り見る位置を変えました。
観客が少ない試合だからこそできる裏ワザです。



相手のきれいな 5・4・1 のシステムになかなか追加点は得られなかったものの、相手DFが集まりすぎてごちゃごちゃしてるところにバルサのパスがそのうちの一人に当たり、オウンゴールが決まり 2-0 となりました。



終盤になり待ちに待ったジョルディ・アルバが投入され観客がわっと盛り上がりました。




その後、絶好調のネイマールが一点決め 3-0 で快勝


子供たちも嬉しそうにカンプノウを後にするのでした。もうすぐ0時。翌日は学校があるだろうに。
ヒャッホーウ!とスロープをでんぐり返しで下る子供なんかもいました。スペインの子供は本当に元気です。





おまけ

今回は客層が違ったため試合中にトイレ休憩に行く人も見かけませんでした。
誰もいないからこそ撮れたお手洗いの一枚を。


このように個室もバルサカラーの blaugrana (ブラウグラナ -カタルーニャ語)、または azulgrana (アスルグラナ -スペイン語) と呼ばれる えんじ色 なのです。

ちなみにスペインの多くのスタジアムや体育館のトイレの個室にはトイレットペーパーはなく、手を洗うところに大きなロールのペーペーがあり、手に取ってから個室に入るという日本ではありえない常識が存在します。
ここカンプノウ内のトイレもすべてではないですが、ほとんどがそうです。

お出かけの際はお忘れのないように~。





2013/12/16

ペーニャ (バルサの応援団) との一日

前回のバルサのチャンピオンズリーグネタに続きます。

実は今シーズンのチャンピオンズリーグは前回のセルティック戦が初めてではなく、その前にミラン戦も観に行ったのでした。


純粋にバルサファンで居続けたら幸運にも Penya (ペニャ = バルサの応援団) の方々とアミーゴになれる機会があり、彼らに誘われまずはペニャの皆が集まるレストランで食事をしました。


そこにはなんとチャンピオンズリーグの優勝カップが!
レプリカですが、本物のカップを作っているところで特注したのだそう。驚くほどに重かったです。

店の至る所にバルサの選手のサイン入りポスターやユニホームが飾ってありました。
まさにバルサ一色のレストラン!




約20人のペニャと食事をすることになりました。席に着くやいなやピンバッジは持ってるかと聞かれ、いただきました。
みんな実に温かい人。こんなプレゼントいただけるともっとバルサが好きになっちゃう~!


ジョアン・ガンペール杯でおなじみの Joan Gamper を記念したペナントもあり、食事後に写真を撮りなさいと強制的に一枚。

Joan Gamper とはFCバルセロナの創始者でありプレーヤーとしても活躍したスイスの実業家、ハンス・ガンパーのこと。本名の「ハンス・ガンパー (Hans-Max Gamper)」カタルーニャ風に改名Joan Gamperとし、この名前で親しまれています。
彼はもう亡くなっていますが、ガンペール家は永久ソシオとなり、会員番号は1番なのです。


食事後、新しい友人たちと歩いてカンプ・ノウまで行きミラン戦を観ました。


そしてハーフタイムにVIPな場に連れてい
ってくれました。

ここはなんと、ペニャの集うバー
友人の顔パスで私たちも入れてくれました。そして歓迎のCAVAをいただきました。もちろん無料です。
ここにはバルサのOBが数名いらっしゃったと聞きましたが誰が誰なのかさっぱりでした。


どなたかわからず大変失礼なのですが、この人と写真撮っとけと新しいアミーゴに促され一枚。


うわ~古い写真だーっと壁を一枚撮ったらちょうどドアが開きビックリ。これはトイレの壁だったらしい。失礼しました!



おーーーっとすぐ近くに有名なおじいちゃんがいる!!!

この方、Avi del Barça (アビ・デル・バルサ = カタルーニャ語でバルサのおじいちゃんという意味)の名で親しまれているペニャの象徴のような方。

見つけた瞬間テンションが上がりました!ハーフタイムでこんなにテンションが上がったのは初めてだ!



試合終了後は、ある他の特別室へ連れていってくれました。

ここ、放送席です。
記事を書くためにライターが一生懸命仕事しているところを見学させていただきました。


こうして試合後までペニャのアミーゴは楽しませてくれました。



そしてまた別の日、ペニャの仲間と同じレストランで食事をしたときにサプライズがありました。

アルゼンチンのスポーツテレビ局が、療養中で母国アルゼンチンに滞在中のメッシのための応援メッセージを収録しに来ていたのです。

やはりペニャの仲間に「ここに日本人がいるぞー!」と積極的に売り込まれ、お店の前に着くやいなやカメラとマイクが向けられものすごく緊張しました。
メッシが絶対に見るから!と取材陣に言われもっと緊張。でもなんとか伝えることができました。



ペーニャの皆さんのおかげでバルサとの距離がうんと近づいた気がします。

Moltes gracies! 本当にどうもありがとう!




2013/12/14

チャンピオンズリーグ「バルサ×セルティック戦」観戦

Holaaaaa!

バルサチャンピオンズリーグ予選一位通過が決まりましたね!
その決め手となった試合を生で見てきました。


家から歩いて行ったのですが、途中セルティックファンがビール片手に大声を上げ酔っぱらいながら群れているのを何グループも見てゾッとしました。さすがスコットランド人!!

いつもとは違う試合前の緊張感。それにしてもバルサファンは大人しいなぁ。


席は lateral (ラテラル) の3階で定価89ユーロ。チャンピオンズリーグなのでちょっと高め。
今回はソシオの友人が特別に25ユーロでオファーしてくれました。

そうそう、チャンピオンズといえば開始前のこのサークルに、アンセム (歌)
かれこれもう2年半前にも相方と観に行ったことがあったのですが、私が遅刻したためこのセレモニーが見れなかったことを相方が残念がっていたので、今日こそは一緒に見れて二年間のモヤモヤが晴れました。
やっぱりあの高い歌声のアンセムは特別!


ピッチのセンターにある膜は先日お亡くなりになったネルソン・マンデラへのメッセージでした。


こんな感じで上階の客席がけっこう空いていましたがスタート。


と思えば同じ上階でもこちらアウェイ席は満席でした。
アウェイ席に入りきらず一般席にいたセルティックファンも多数いたので、合計6000人ぐらいはいたと思います。
しかも、そのほとんどが在住者ではなく遥々スコットランドはグラスゴーからやってきた人。熱い!!!


開始6分でなんとディフェンダーのピケがゴールを決めたのを皮切りに、立て続けに6点が入りました。


Celtic はというと、なかなかシュートチャンスがなかったものの、最後の最後に1点決めました!セルティックファンは大声で喝采。



結果は6-1
試合終了後もセルティックファンは熱かったです。
ぬ、脱いでる人も!!!この日は寒かったのにグラスゴーと比べるとどうってことないのか。


スペイン人は試合終了後、とにかく帰るのが早い!
この日みたいに圧勝していた場合は試合終了5分前にはほとんどの人が帰り始めます。
おかげでゆっくりしていた私達には最近観客席にも入ったというスポンサー、「CATAR AIRWAYS」の文字が見えました。


チケットを安く譲ってくれたスペイン人 (カタルーニャ人) の友人は、会ってから別れるまでずーーーっと喋りっぱなしでした。
試合前に、「試合中は喋んないから安心して」と言われていたのですが、まったく変わらず喋る、喋る。
彼が試合終了後10分前に去ってくれたので、本当に集中して見れてのはその10分間だけでした。
はぁ~。スペイン人っていったい。。


カンプノウから家まで歩いて帰れることに幸せを噛みしめながら、スキップで帰りました。