2012/03/19

スペインで結婚披露宴に出席

Hola!

前回の友人の結婚式の記事に引き続き、今回は披露宴の模様を。

コロニアグエル教会のすぐ近く、「San Boi(サン・ボイ)」にある「Hotel El Castell(ホテル・エル・カステイ)」にて。



到着するとまずはテラスにて立食パーティーの準備がなされていました。

 ゲストは総勢50名ほど、国籍はスペイン、(カタルーニャ、)日本、ドイツ、イタリアと幅広くいろいろな言語が飛び交っていました。
サラダのドレッシングはスポイトに入っていてとってもユニークでオシャレでした。


日本人とスペイン人の結婚ということで、各国を代表する寿司、そして生ハムをいただきました。
このイベリコ豚の脚はこのわずか1時間の立食パーティーで無くなったそうです。
生ハムにはいろいろな種類がありますが、久しぶりにこんなにおいしいものをいただきました。


他にはカニクリームコロッケ、モルシージャ(血入りソーセージ)、メンブリージョ(カリンに似たマルメロという果実のジャム)&マンチェゴチーズ(羊乳のハードチーズ)、ナツメヤシのベーコン巻き・・・と、どれも素晴らしい味でした。
アペリティフだけでお腹いっぱいになりそうでした。


そしてホテル内のレストランへ移動。


すると席にはサプライズが。

名前入りのお箸が用意されていました!
これには私たち日本人だけでなく、スペイン人たちも大喜び。
箸に添えられたメッセージは日本人にはスペイン語で、スペイン人には日本語で書いてありました。


箸に感動してる最中、Coldplayの曲と共に新郎新婦の登場
立ち上がり、こうしてナプキンを振っている人が目立ちました。これがスペイン式の迎え方なんだそう。


出てきたお料理はこれまた素晴らしかったです。

あんこうとあさりの煮込み、そしてイベリコ豚のフィレステーキ。

ケーキカットのセレモニーの時点でウェイターが既に席に運ぶケーキの準備を完了させていて、ナイフを入れたとともに次々にそれが運ばれて行きました。
この台に乗ったケーキは取り分けることはありませんでした。せっかちなスペイン人にはピッタリなこのシステム。


その後、プレゼントタイム。

アラレちゃんの貯金箱にご祝儀を入れて渡しているスペイン人がいました。懐かし~。
私は友人と一緒にホテルの宿泊券(カタログ)をプレゼント。最近スペインで流行っているプレゼント方法です。


英語圏で知り合った彼らは普段は英語で会話していますが、この度新郎は日本語で挨拶を。
彼が日本語を発しているのを聞いたのは初めてだったのでこれにはとても感動しました。


挨拶のあとは恒例のブーケトス。

ちゃっかりスペインの女の子がもらっていきました。私は傍観者。


そして最後にダンスタイム!
いつの間に練習していたのでしょうか、新婦である友人は長いドレスの裾を見事に操りクラシックダンスを優雅に踊っていました。


誰かが踊ればみんなも踊るのがこの国の文化。様々な人が立ち上がり踊りだしました。
終始「Vivan los novios!」(ビバン・ロス・ノビオス)= 新郎新婦万歳!という新郎の友人の掛け声が聞こえました。これがスペイン流の披露宴の進行なんだそうです。


その後、ホテル内にあるディスコ会場へ移動。 
ネクタイをおでこに巻くのは万国共通なのか!?

楽しい会は夜遅くまで続いたそうですが、バルセロナまでの帰り方がわからなかったので車で帰る友人と共に早い時間においとましました。


今回初めて外国で披露宴に参加し、外国人と結婚する大変さ、楽しさ、家族の事や友人とのことなど、いろいろ考えさせてくれた良い機会となりました。


この場も借りて。
感動をありがとう!そして、より良い人生をスタートさせてください。



「Vivan los novios!」