2012/03/31

バルセロナ市内で引越し!

ちょうど今日でバルセロナに住んでから1年が経ちます。
すでに土地勘もありピソの相場もわかってきた今、もう少し理想的なピソに移ろうと前々から計画しており、素敵な物件が見つかったので実行することに。

スペインのフラットシェアのための部屋探しは、インターネットのサイトで探すのが今や定番となっています。
大家は無料でサイトに部屋の概要、写真、連絡先を投稿し、探し手が直接大家と連絡を取ります。
入居時に礼金は必要ありませんが、1ヶ月分のデポジットを要求され、それを退去の際に最終月の家賃として適応させるのが一般的です。

このピソを出ていくと決めてから気付いたことを書き留めておこうと思ったら、期待通り!?同居仲間はいろいろなことをやってくれました。



【スペイン人女性】
キッチンにいたら「あー夕ご飯作る気しない。何か余ってない?」とやってきましたが、私は食べ終わったところだったのでノーと。
その後、どうしようーと言いながら冷蔵庫を開け、中にあるものを物色し、冷蔵庫を開けたままいろいろなものを食べだしました
冷蔵庫の棚がバーカウンターと化していました。

別の日には、半分に切ったメロンに大きな包丁をグサッと刺したままキッチンに長時間放置。
日本人には耐えがたい光景でした。


【フランス人男性】
染料を塗った履き潰した汚い靴と、その染色手段として使ったナイフとお茶碗がテラスに放置。
そのナイフ、いつも私たちが食事に使っているナイフ!しかもお茶碗は白飯を食べるための私のもの。
これにはさすがに耐えられず、食べ物に使う食器に靴の染料を入れるのは考えられないことを説明し、理解してもらいました。

別の日には携帯電話のチャージが切れたからと当然のような態度で電話を貸してと言われました。
期待はしていませんでしたが、やはり通話料を支払う素振りすら見せませんでした。

そして別の日、うちのピソでは喫煙は全面禁止されているのですが、ある日彼は大家が留守のうちに喫煙をしていました。しかも、共有スペースで。
こちらでは入居の際にそういったところはしっかりと確認をされます。喫煙可か、不可か。
さすがに知らぬふりもできず注意すると、タバコは空気だと反論。
フランス人に注意をすることはタブーだとよく聞きますが、その通りでした。
大家はのち憤慨していました。「タバコは空気」。今年の流行語大賞候補です。
全面禁煙の我が家に灰皿はなく、普段みんなが使う食器が灰皿代わりとなっていました。。


【他に気付いたこと】
サロン(居間)にある共有の食卓机にはいつもトイレットペーパーがのっています。
こちらはトイレットペーパーは「Papel higiénico(パペル・イヒエニコ)」と言い、直訳すると意味は「衛生的な紙」となります。
食卓に置けるのは「衛生的」と唄っているからで、これはおしりにも使えるぐらい衛生的なんだという解釈なんだと思います。
でも私はこの習慣にはどうしても慣れることができません。
食事中は目の前には置かないようにしていますが、先日スペイン人と一緒に食事している最中にナプキン代わりにと2、3ロールしたものを手渡されました。それで口を拭いている仲間もいました。食べた物が出てしまいそう。
これはトイレのものだー!


キッチンにあるふきんの使い方について。各国違いがありました。
◆スペイン人・・・ぞうきん
◆イギリス人・・・鍋つかみ
◆フランス人・・・皿拭き
◆日本人・・・汚いので使わない


といった感じ。引越すと決めると違った視線で観察できました。
今まで7人で住んでいたのですが、偶然4人がほぼ同時に出ます。
上記のキャラの濃い2人は残るので、これ以上濃い西洋人が来たらと想像すると今がちょうど良い引越し時だったんだと思います。

7人もの大人数・多国籍で住むことは今までになかったしこれからもないと思うので、そう思うととても貴重な体験でした。
それはもう様々なことがありましたが、各々とっても素敵な長所がありサザエさん一家みたいで好きでした。


メルカド(市場)の目の前に住んでいました。
このメルカドは3年前から改装工事を始め、引越す頃には終わってるかな、なんて期待していましたが全然工事が進んでいる様子はありません。
いつか工事が終わったら来ようと思います。


さようならいつもの景色。



2012/03/29

スペイン中でストライキ

今日は大変な日でした。
スペイン中でストライキがあり大規模なデモがあったのです。

政権が代わり、新政府が医療費や扶養手当、年金、失業保険などを大幅にカットするという発言をしたために起こりました。

数週間前からこの日にストライキをすると予告されており、またか~なんて思っていたのですが、どうもいつもと様子が違うのが数日前からじんわりと分かってきました。

今はスペイン語と英語のクラスに通っているのですが、スペイン語の先生は前日になってストライキ宣言
英語の先生は2週間前から「29日は私はストライキをするので学校に来ても図書館で自習となります。」と無責任宣言。生徒はほとんどスペイン人なので賛成のようでした。
公立の語学学校も私立も授業があるかないかは先生次第だったようです。


ということで、今日はクラスが休み!
そして今回のデモはひどいものになるだろうと予想されていたので職場も休業。
明日からイースター休暇なのですが、一日前倒しとなり連休がスタートしました。


街を歩くと日曜日でもないのにほとんどのお店が休業していました。
たまに開いているレストランやバル、スーパーもありましたがそのほとんどが外国人経営のお店でした。
開いているスーパーに入りましたが従業員の数はわずか。
デモで忙しいのかそれとも出歩くのが危険だからか、お客さんの人数も今までにない少なさでした。


今日は電車やバスは朝の3時間、夕方の3時間のみ動いていたそうです。
中にはまったく動かなかった路線も。地下鉄はカオスと化していたそうです。


家の前から中心地の方を眺めたら、遠くの方で何かが行われているのが見えたのでせっかくなので取材に出かけました。

中心地に近づくと道路に少しずつ異変が。
 紙くずが。。

 あの有名なカサ・ミラの前も紙くずだらけ。

そしてこのカサ・ミラのある「passage de Gracia」は普段ものすごい交通量なのですが、この日は完全通行止め。
歩行者天国と化して異様な雰囲気が漂っていました。
「passage de Gracia」沿いのバス停。
「retallades」とはカタルーニャ語で、「削減」という意味。今日はこのマークのTシャツを着ている人をたくさん見かけました。

 ゴミ箱のコンテナが倒されてる!

 パトカーも今日だけで何台見たことやら。

デモ行進に近づくと・・・

 カタルーニャ名物のヒガンテ(巨大人形)までもが行進していました。

この少女が背負う看板にはカタルーニャ語で「私たちの未来は?」と書いてあります。

と、ここで!
火柱が上がりました。

ひどい!なんとゴミ箱のコンテナに火をつけた集団がいたのです。
警察は暴動鎮圧のためたちまち彼らに向かいゴム弾の連射を。
何人かは用意されていたワゴン車に連行されて行きました。何ともハラハラする瞬間でした。



これは家の近所のコンテナ。

消防車が去った後に近づくと、蓋が変形しているのがわかりました。
 上部には大きな穴が。中で爆発が起きたのだと思います。

デモ行進があったわけではない道のコンテナまでもがこんなことに。いったい今日バルセロナだけでどれだけのコンテナが破壊されてしまったのだろう。


そしてこれは最も残念な光景。
なんとこれはバルセロナの中心地にあるスターバックスです。
デモ隊が火炎瓶を投げ込んだのです。考えられません。



こんなことをして、何が生まれるのでしょうか。

スペインに到着してもうすぐ丸一年。今日は最も恥ずかしいスペインの姿を見ました。




2012/03/26

バルセロナのワインの一大イベント「La musica del vi」

Hola!

先週から続いた英語の試験がようやく今日終わりました。
最終日の今日はペアを組んで会話のテスト。
大切なのは自信を持つこと、そして前日の程よい睡眠時間だと思いました。


やっと解放された~!というのと同時に、今日はワインの盛大イベントがあったのでとても幸せ気分で満たされました。
試験を終えその足で会場に行ってきました。


イベントの名前は「La musica del vi(ラ・ムシカ・デル・ビ)」
これはカタルーニャ語。ワインの楽曲、またはワインの楽団と訳せます。


私がワインの美術館と呼んでいる、世界中のワインが揃ったお店「Vila Viniteca」(ビラ・ビニテカ)が主催のイベントです。
スペインに来て感心したのは、スペインのワインショップやスーパーはスペインワインが棚の9割ほどを占めていること。
ここはスペインなのでもちろんという意見もあるでしょうが、お隣のワインのメッカフランスのワインを扱う比率が驚くほどに少ないです。
中にはフランスワインを扱っていないお店も。
しかし、このビラ・ビニテカにはフランスはもちろん、世界のワインが揃っています。


このイベントは、ビラ・ビニテカが取り扱っている150ほどのメーカーのワインを、取引のあるレストランやバルのオーナーやソムリエを招待して試飲してもらうというもの。



会場はこんなに立派な建物。

入口付近で普段バルセロナではあまり見ないスーツ姿の人を見かけたり、わりと身なりを整えた人が多く目に付き会場がここだとすぐにわかりました。

関係者のためのイベントですが、一般の人も入場することができます。
入場料はなんと150ユーロ。
そんな価値のあるチケットですが、今回はソムリエの友人伝いに招待していただけました。
感謝です。
予め名前とIDナンバーを伝えておいたので、到着したらこんな嬉しいネームプレートが用意されていました。

そして手渡されたのがこのノート。
今日のためのメモ帳で、各ブースにこのノートのページ番号が書いてあり、そこをめくるとそのメーカーのインフォメーションが載っており、そこに自由に書き込めるという素晴らしいノートです。


中は歩きにくいぐらい大勢のワイン関係者で賑わっていました。
ここ1階は、世界のワインのブース。1本400ユーロもするワインもいただけました。
2階はスペインだけのワインが揃っていました。

日本でワインの仕事をしていた時にバイオーダーという形で扱ったことのある「TRASLANZAS(トラスランサス)」を見て感激!これ、大好きなんです。スペインに来てから初めて出会えました。
これを飲んだら当時の感覚がスッと蘇りました。当時どんな状況にあったとか、考えていたことまでも。香りや味の記憶は実に面白いものだと改めて感じました。
右はTorello社と洋服ブランドCUSTOとの共同作品のCAVA。
試しましたが・・・こんなひどい味のCAVAは珍しいかも。。

あとはリオハのワインメーカーがたくさん来ていて同じ地域、同じブドウ品種で作られたものでもこんなに違いがあるのか!と驚きの連続でした。
これは中庭の様子。ここにはポートワインなどの酒精強化ワインやグラッパなどが揃っていました。

 化学の実験中のようなコーヒーコーナーも。

3階はチーズコーナー。数えきれない種類のチーズが並んでいました。
ここに置いてあったパンも普段街のパン屋さんではめったに食べられない味でした。

10時から始まったこのイベント、14時頃に入場して19時頃までいました。
20時に終了して場所を移動して23時半からのディスコの入場&ワインとCAVAの飲み放題というインビテーション付きでしたが、試飲しすぎて疲れちゃったので大人しく家で過ごすことにしました。

 これがその夜の部の招待状。


スペインワイン、カタルーニャワインの可能性や、やっぱりCAVAじゃなくてシャンパンが評価されている理由や、知らないブドウ品種を知ったり最近飲んでなかったブドウ品種のおさらいなど、とても勉強になる機会でした。


今日のこのイベントの存在は随分前から知っていて行きたい気持ちでいっぱいでしたので、招待していただけて本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

まだまだ言葉の問題があり自分だけでいっぱいいっぱいの日々ですが、こういったご厚意をちゃんと人に返していきたいと思います。



2012/03/21

スペインで英語の試験!

オラ!

今日バルセロナは珍しく朝から雨が降っています。
極まれに傘もいらないような小雨が降ったことはありましたが、こんなに本格的な雨は今年になって初めてです。
バルセロナがどれだけ雨の降らない土地かお分かりいただけるかと思います。


さて、今日から私の通っている語学学校の英語のテストが始まりました。
英語もスペイン語も同じ学校で授業を受けているのですが、スペイン語は1セメスターに1回しかテストがないのに英語はなぜか2回。進級するための大事なテストです。


いつもの流れならまずスペイン語の授業を受け、その後英語のテストを・・・となるはずだったのですが、スペイン語漬けになってから英語の脳に切り替えてすぐにテストを受けられる自信がなかったので、今日のスペイン語の授業は欠席しました。


が、それがあだとなり大変なことに・・・。
雨が降っていたのでさすがに自転車には乗れず、珍しくバスで行くことに。
こちらの人は雨に慣れていないので今朝の道路は大混雑。
テストのためにと早めに家を出たのですがバスがなかなか来ず、来たと思ったらなかなか進まずで・・・。時計ばかり気になりだしたところに、なんと停まったバス停で後ろ側のドアが故障して全開のまましばらく進むことに。
見ていてかなり危なっかしかったのですが、早く学校に付きたい一心で見守ることに。
通りを歩く人々も目を丸くして見つめていました。

しばらくするとさすがに運転手も気付き、バスを停めて修理を始め・・・・・・家から半分しか進んでいない地点で立ち往生。
他の路線のバスも来ないし・・・こうなったらと、雨の中突っ走ることに。
バルセロナの歩道はとても狭いのでただでさえ混雑しますが、雨の日は本当にひどい!
傘をかき分けながらテスト開始の5分後に到着

もしかして受けられないかもと思いながら教室のドアを開けると、まだおしゃべりタイムでガヤガヤしていました。
昨日先生は絶対に遅れないように!とみんなに念を押していたのに、さすがスペイン。
このスペイン文化に救われました。なんと私の後に入ってきたクラスメイトも!
息が荒いのでみんなに変だと笑われながら、なんとかみんなと同時にスタートさせることができました。


テストを受けながらもスペイン人の愉快な面が垣間見れました。
"flatmate"という単語の意味が分からない人が多くて、テスト中だというのに立ち上がって教卓まで行き先生に意味を聞きに行ったスペイン人は7人
私は一番前に座っていたので全部聞こえちゃいました。
先生は普通に意味を教えちゃうのでビックリ。

最後の7人目が聞いている最中、背後でそれはそれは大きな音で"compañero de piso(コンパニェーロ・デ・ピソ)"という、何らかの道具から発している声がしました。
スペイン語の"compañero de piso"は英語の"flatmate"という意味です。

あれほど禁止だと言われた携帯電話のアプリケーションを利用して意味を調べた仲間がいたのです。
しかも発音までさせちゃうところが滑稽!
これにはさすがに先生も怒りましたが、誰だ!と犯人を見つけるわけでもなく注意で終わりました。
カンニングはスペインでは非常によくある事だそうです。
全体的に甘いスペインの教育が窺えました。


リスニングの試験では、CDで流すイギリス人の会話があまりにも速すぎてみんなで大きな声で笑ったり、二度しか聴けないと知っているのに「Otra vez!!」(=もう一回!)と何人かが三度目をねだったり。
スペイン人のこういう素直なところが好きです。甘い先生もさすがにこれには応じてくれませんでしたが。


こういった感じで今日テストが始まり、月曜日まで続きます。
最終日はペアを組んで会話のテスト。
このパートナーと、テストに出る様々なシチュエーションを想定してこれから会話の練習をし本番に挑むのですが、私が一番心配しているのは私のパートナーはクラス一のguapo(グアポ)=男前 だということ。
緑の瞳で見つめないでー!変に緊張してしまいます。



こんな感じでスペイン語の授業では得られない、スペイン人やその他のラテン人クラスメイトとの「いかにもスペイン!」という感覚を味わっています。


この境遇に感謝しながら邁進していきます。



さぁ、明日もテスト頑張りまーす!



2012/03/19

スペインで結婚披露宴に出席

Hola!

前回の友人の結婚式の記事に引き続き、今回は披露宴の模様を。

コロニアグエル教会のすぐ近く、「San Boi(サン・ボイ)」にある「Hotel El Castell(ホテル・エル・カステイ)」にて。



到着するとまずはテラスにて立食パーティーの準備がなされていました。

 ゲストは総勢50名ほど、国籍はスペイン、(カタルーニャ、)日本、ドイツ、イタリアと幅広くいろいろな言語が飛び交っていました。
サラダのドレッシングはスポイトに入っていてとってもユニークでオシャレでした。


日本人とスペイン人の結婚ということで、各国を代表する寿司、そして生ハムをいただきました。
このイベリコ豚の脚はこのわずか1時間の立食パーティーで無くなったそうです。
生ハムにはいろいろな種類がありますが、久しぶりにこんなにおいしいものをいただきました。


他にはカニクリームコロッケ、モルシージャ(血入りソーセージ)、メンブリージョ(カリンに似たマルメロという果実のジャム)&マンチェゴチーズ(羊乳のハードチーズ)、ナツメヤシのベーコン巻き・・・と、どれも素晴らしい味でした。
アペリティフだけでお腹いっぱいになりそうでした。


そしてホテル内のレストランへ移動。


すると席にはサプライズが。

名前入りのお箸が用意されていました!
これには私たち日本人だけでなく、スペイン人たちも大喜び。
箸に添えられたメッセージは日本人にはスペイン語で、スペイン人には日本語で書いてありました。


箸に感動してる最中、Coldplayの曲と共に新郎新婦の登場
立ち上がり、こうしてナプキンを振っている人が目立ちました。これがスペイン式の迎え方なんだそう。


出てきたお料理はこれまた素晴らしかったです。

あんこうとあさりの煮込み、そしてイベリコ豚のフィレステーキ。

ケーキカットのセレモニーの時点でウェイターが既に席に運ぶケーキの準備を完了させていて、ナイフを入れたとともに次々にそれが運ばれて行きました。
この台に乗ったケーキは取り分けることはありませんでした。せっかちなスペイン人にはピッタリなこのシステム。


その後、プレゼントタイム。

アラレちゃんの貯金箱にご祝儀を入れて渡しているスペイン人がいました。懐かし~。
私は友人と一緒にホテルの宿泊券(カタログ)をプレゼント。最近スペインで流行っているプレゼント方法です。


英語圏で知り合った彼らは普段は英語で会話していますが、この度新郎は日本語で挨拶を。
彼が日本語を発しているのを聞いたのは初めてだったのでこれにはとても感動しました。


挨拶のあとは恒例のブーケトス。

ちゃっかりスペインの女の子がもらっていきました。私は傍観者。


そして最後にダンスタイム!
いつの間に練習していたのでしょうか、新婦である友人は長いドレスの裾を見事に操りクラシックダンスを優雅に踊っていました。


誰かが踊ればみんなも踊るのがこの国の文化。様々な人が立ち上がり踊りだしました。
終始「Vivan los novios!」(ビバン・ロス・ノビオス)= 新郎新婦万歳!という新郎の友人の掛け声が聞こえました。これがスペイン流の披露宴の進行なんだそうです。


その後、ホテル内にあるディスコ会場へ移動。 
ネクタイをおでこに巻くのは万国共通なのか!?

楽しい会は夜遅くまで続いたそうですが、バルセロナまでの帰り方がわからなかったので車で帰る友人と共に早い時間においとましました。


今回初めて外国で披露宴に参加し、外国人と結婚する大変さ、楽しさ、家族の事や友人とのことなど、いろいろ考えさせてくれた良い機会となりました。


この場も借りて。
感動をありがとう!そして、より良い人生をスタートさせてください。



「Vivan los novios!」