2012/02/29

バルセロナの闘牛場が姿を変えショッピングモールに

Hola!

先週から急に暖かくなり、もう春はすぐそこといった感じのバルセロナです。


今日はまずスペインの闘牛についてお話します。

闘牛と言えばスペインの国技。
闘牛士は昔から英雄のように扱われてきましたが、近年になり若者を中心に闘牛人気が急速な衰えを見せています。
2007年に国営放送が闘牛の生放送を中止してからの衰退ぶりは激しく、観客の数も減り開催回数もかつての3分の2まで減り、同年のスペインの国勢調査では国民の4分の3が「闘牛に関心がない」と回答するほど人気が低迷してきているそう。
闘牛士が牛を槍や剣で刺していき、死に至らしめるのを見せるということに対して動物愛護的な観点からの批判もかなり強まっています。


実際に私も6年前にバレンシアで見たことがあります。
当時の私は闘牛に関してはまったくの無知で、そこまで残酷な催し物とは知らなかったので軽い気持ちで見に行きましたが、見た後の今では批判する人の気持ちもわかります。

闘牛の話題は何度もスペイン語の授業のテーマになったり、スペイン人の友人との会話にも出てきます。
ただ私はこの国の人ではないので批判もしませんし、もちろん称賛もしません。
好きか嫌いか、それだけです。


1991年にはスペイン領 カナリア諸島 (アフリカ大陸の北西海岸に近い大西洋上にある7つの島からなるスペイン領の群島)闘牛の開催が禁止となりました。

2011年にはスペイン全土で国営放送以外のテレビ中継も終了

そしてバルセロナのあるカタルーニャ州は2010年にスペイン本土初となる闘牛禁止法が成立し、2012年から州内で闘牛を行なうことを禁止しました。
人気低迷や動物愛護の高まりのほかには、スペインからの独立を求め独自のアイデンティティーを強調するカタルーニャ気質が背景にあると言われてもいますが。


バルセロナには二つの闘牛場があり、ひとつは昨シーズンギリギリまで開催したので今は幕を閉じたばかり。
もう一方は1977年に幕を閉じ、長い間かけて改装工事をしていました。

そして2011年春に完成したのは




なんとこれ、ショッピングモールです。
その名もLas Arenas (ラス・アレナス)」
闘牛場の名前「Plaza de toros de las Arenas」から命名されました。


オリジナルの建物は1900年に建築され、1977年まで実際に闘牛場として使用されていました。
外壁のみを残し、新しいバルセロナのランドマークとして生まれ変わりました。


アップで見るととてもかわいいんです。コルドバにあるメスキータを思い出させます。


中に潜入。
わ、これはどう見ても近代的なショッピングモールだ。これが闘牛場だったなんて微塵も感じさせません。
6階建て、延床面積10万平米という巨大なモールに変身。
ショッピング、レストランのほかにもスーパー、映画館、博物館、ジムなども併設されています。


外からよく見ると、屋上に人がいるのが見えます。
私も上がってみました。


最高の眺めでした!

左:スペイン広場
右:モンジュイック

左:写真では見にくいですがサグラダファミリアも見えます
右:ミロ公園


こんな素敵な景色が見れるとは思っていなかったので感激でした。


新しいものがすべて良いということはありませんが、この価値観は闘牛を見てその後にどう思えるかで変わってくると思います。

闘牛にご興味のある方、すでにカタルーニャ州及びカナリア諸島では見ることはできませんが、今なら他の州で見ることができます。



正にスペイン闘牛文化の時代の変わり目にいることを感じる一日でした。






2012/02/27

巻き寿司パーティー

Hola !

前回に続き、海外にいる日本人として知っておきたいこと。
それは、巻き寿司の作り方


こちらでは「巻き寿司」ではなく「マキ」と呼ばれています。
ついでに言うと、英語のように名詞に単数・複数の区別があるスペインではたくさんの巻き寿司のことを複数の意味で「S」を付けて「マキス」と呼ばれることもあります。

和名に「S」が付くなんておかしい!
しかし、これも日本文化の一つが世界に受け入れられている証拠。目を瞑っています。


そしてスペイン人には「日本人なんだから maki が作れて当たり前だろー」という概念があります。
先日は友人に「俺は日本食は好きじゃない。なぜなら生魚を食べられないから」とも言われました。
「日本食 イコール 寿司」ではない、そして寿司は「寿司職人」と呼ばれる人が通常握るものであり、一般の人は作らない、となるべく答えるようにしていますが・・・


そうこう言っているうちに何だか寿司から逃げてるような気がしてきて、まずは巻き寿司からやってみようじゃないかと、少し前になりますが節分の日に日本人&スペイン人夫婦のお宅で巻き寿司パーティーを開催しました。



バルセロナ郊外にあるBarberà del Vallès(バルバラ・デ・バジェス)」にて。
バルセロナ中心地からRENFE(国鉄)にて約30分。
山間部にあるため、バルセロナよりうんと肌寒さを感じました。


材料はスペインで安易に手に入るもので。
スモークサーモン、アボカド、玉子焼き、キュウリ、シーチキンマヨネーズ。
余談ですが「アボカド」のことを「アボド」と誤植されたりそう呼ばれたりしますが、スペインで「アボガド」とは弁護士のこと
「私はアボガドです。」って、聞きなれない頃は滑稽でした。


元巻き寿司職人の友人による講習会がスタート!
巻き寿司のご飯と中身のバランスや糊代など考えたこともなかったので「へぇー!」「わぁー!」の連続。


結局見ていてとても難しそうで私の手でできそうになかったので、全部先生にお任せしちゃいました。
今度家で練習します。
さすがプロ、ノンストップであっという間に6本巻いちゃいました。


切ったらこんなにきれい!具が中心に来ていることに初めて感激しました。当たり前だと思っていたことが、工程を見ていたら当たり前じゃなくなった出来事でした。
新婚の友人は日本からよーく切れる包丁を運んできたので感動的な切れ味でした。
私は7人でフラットシェアをしているため包丁の使い道も人それぞれ。
冷蔵庫の霜掃除に使ったり洗濯機の掃除に使われたり・・・なので、切れ味が最悪です。
無駄に7、8本の包丁がピソにありますが、どれ一つまともに切れません。。


友人の手作りの唐揚げやお好み焼きなども並び、会のスタート。


中盤で友人が別の友人のために作っておいたケーキが登場!
 
手作りとは思えない見た目と味。素敵なサプライズでした。
そして私は彼女の素直な笑顔が大好き。異国にいても人に対し思うことは同じです。


もてなされたコーヒーに付いてきたのはこんなにかわいい子。
口からミルクが出ます。ヨーロッパっぽいですね。



寿司パーティーは大成功!



ちょっと足を延ばしてでも笑顔が集う場に行くことは豊かな人生を送るためにとても大切なことだと感じました。




2012/02/25

スペインで大人気の黒澤明監督作品

スペインに住みだしてから、スペイン人や他の外国の方によく言われること。


「アキラ・クロサワの映画が好きだ!」


でもお恥ずかしながら、邦画をあまり見ない私は黒澤明監督の作品を一度も見たことがありませんでした。

ここバルセロナにはこんな会社があります。

「IKIRU」

これは、スペイン人社長が黒澤明監督の作品「生きる」を見て感銘を受け、この会社名にしたそうです。
「生きる」はスペインでは「VIVIR」というタイトルで流通しています。
けれどあえて「IKIRU」としたところから社長がどれだけこの映画がお気に入りかということが窺えます。


気になっていながらもそこまで興味が持てなく見ていなかった作品ですが、最近近所の図書館のDVDコーナーをフラっと立ち寄ると「VIVIR」が目に飛び込んできました。
これはもう、見なさいと言われているかのように思え、このチャンスを生かしました。


これが近所の図書館。昨年5月にできたばかりの超人気者。3階から7階までびっしり本が置いてあります。マンガコーナーもあります!
いくらよくしゃべるスペイン人とはいえ、やはり図書館の中ではとても静かで勉強もかなり快適にできます。スタッフの方々もとてもいい人ばかり。


映画ですが、期待とか義務感はまったくなく無心で見始めましたが、最初のシーンから気持ちが入り込みました。
主演の志村喬さんの演技があまりにも素晴らしいからです。
彼のような目をしてる人、画面の中で見たことがありません。
こんな名俳優までも知らなかったなんて本当に恥ずかしいことだと思いました。

仕事に何のやりがいも見いだせず、ただ机に座り判子を押すだけの毎日を送っていた市役所の市民課長がある日、癌に侵されていると知り余命がいくばくもないことを知り、これまでの自分の人生の意味を見失った彼は市役所を無断欠勤し、これまで貯めた金をおろして夜の街をさまよう。
同じく市役所の仕事にやりがいを感じず辞めて転職していようとしていた女性部下と偶然街で会い、何度か食事を共にするうちに彼は若い彼女の奔放な生き方、その生命力に惹かれ・・・。

という話です。
このあと恋に落ち・・・なんていうのは現代の映画の考えられるストーリーで、黒澤監督は違います。
主人公が感じた若い女性の生命力を別の事に生かすのです。
今までの人生が何でもなかったかのように思えたからこそ、短い終わりの数ヶ月で生きている証を見出すかのように。

そして、主人公が亡くなってそれで終わりというわけではありません。
黒澤監督は彼の人生を傍から見る手段でこの後も話を続けます。


映画はもちろんオリジナルで、そして勉強のためにスペイン語のサブタイトル付きで見ましたが、とても日本らしい描写が多くサブタイトルでしか見られない黒澤ファンがかわいそうだと思えるぐらい、スペイン語では表せない言葉が多かったです。

今まで日本に住んでいながら黒澤監督の素晴らしさを知らなかったなんて。
日本にこんなに素晴らしい志村喬さんという名俳優がいたなんて。
外国人に何度薦められても見なかった自分が未熟だったな、と思いました。


図書館にありがたく返しに行ったら同監督、同者主演の「一番美しく」を発見。
このまま黒澤ファンになりそうです。


こちらに来てもうすぐで11ヶ月。
日本人として誇れるものが一つ増え、とても嬉しい出来事でした。




2012/02/24

話題のSabadell(サバデイ)に遊びに行ってきました

今日は今日本でも話題になっている!?、Sabadell(サバデイ)というバルセロナ近郊の街をご紹介。

この街のサッカークラブのユースBに元シブガキ隊の薬丸さんのご子息が入団されたということで、日本でも少し前に話題になったかと思います。
私もある日朝起きてサバデイという街の名前がヤフージャパンのHPのトップニュースに出ていたことに大変驚いたことを覚えています。
何にもないのどかなイメージのサバデイがなぜ!?!?と。


サバデイはココ↓


ちなみに日本ではSabadell「サバデル」と表記しているのをよく見かけますが、これはカタルーニャの地名をスペイン語読みした言い方に近く、カタルーニャでは誰も「サバデル」とは言いません。
カタルーニャの読み方では「サバデイ」の方がうんと近いです。

もうひとつ普段から気になっていることを付け足すと、バルサのキャプテンプジョル「Carles Puyol」と書いてカタカナ表記すると「カルラス・プジョル」が近いかと。
カタルーニャ人である彼の名前「カルラス」はカタルーニャ語に近い読み方。
これをスペイン語読みして「カルレス・プジョル」と表記している日本サイトがたくさんありますが、これは間違っています。誰もこんな読み方はしません。
レアルマドリードが最近「レアルマドリー」と現地の言葉により近く表記されるようになったように、メディアの使うカタカナ表記は変わりつつあるのですが。


幼い頃から思っていましたが、そもそのAlfabetをカタカナ表記するのは無理がありますね。
例えば今挙げた「Alfabet」「アルファベット」というカタカナで覚えてしまっている為、外国人にとってそれは「Alfabet」ではなく「Arufabetto」と聞こえるため本来の意味を理解してもらえないように。




話がそれましたがそんな「Sabadell」に日本人とスペイン人(カタルーニャ人)の友人カップルが住んでいるので、昨日彼らを訪ねて初めて訪れました。


バルセロナ中心地からRENFE(レンフェ)と呼ばれる国鉄で約30分、ferrocarril(フェロカリール)と呼ばれるカタルーニャ鉄道では40分で行くことができます。

ここはferrocarrilの駅。

バルセロナからサバデイまでの道のりはのどかな田舎風景で、本当に街が現れるのか!?と思いましたが駅を降りてちょっとビックリ。割と大きい街でした。
これはサバデイ市役所

スペイン中にある巨大デパート「El Corte Inglés(エル・コルテイングレス)」もありました!ちょっとビックリ。


そして友人の家についてこれまたビックリ!なんてモダンなんでしょう。
彼女がお嫁に来るということでご家族がリフォームしてくれたそうです。
バルセロナ市内ではなかなか見られない内装でした。


おかげでランチがこんなに豪華に見えます。レストランにいるみたいでした。


彼女の婚約者が帰ってきたところで、私がずっと行きたかったサバデイ市内にあるビール工房のあるビアホール「La Micro Cerveseria(ラ・ミクロ・セルベッセリア)」へ。
大のビール好きなチェコ人の友人から「サバデイに行くなら絶対にここに寄ること!いや、ついでがなくても行く必要がある!」と前々から強くお薦めされていたのです。

見えるー!店内の2階に立派なタンクが!店の外から大興奮。


早速店員さんにここでどんなタイプのビールを造っているのか聞きました。
いつもは4種類だそうですが、今回は3種類でした。


どれも試しましたが圧倒的に左上の「BLONDE」という名のベルギービールがおいしかったです。
とてもフルーティーで後味はマスカットのよう。
こんなおいしいビール、スペインに到着して以来初めてでした。

やはり出来立てのビールは最高!
ビールの最大の敵は輸送時の振動と日光。それらに侵されていないビールは全然違います。

おいしいビールを堪能しながらスペイン語、日本語、カタルーニャ語で言語交流をし、21時前に店に着いたのに1時過ぎまで居座っちゃいました。
店員さんはどなたもとても親切で温かい方でした。
それはここのビアホールの特徴なのか、それともここはサバデイだからなのか!?!?


おいしいビールを目がけてまたSabadellに遊びに行こうと思います!




*********************************************
「La Micro Cerveseria(ラ・ミクロ・セルベセリア)」


住所:Carrer de l’Estrella 93 08201 Sabadell
URL:http://lamicrocerveseria.com
*********************************************



2012/02/22

バルセロナ市街をティビダボから一望!

Hola!

今日、じゃがいもを買って帰ろーっと近所の八百屋に立ち寄ったら、なんと見たこともない値段で売られていました。

「5 kg 75センティモ!」

なんと5キロで0.75ユーロです!
今までスーパーの特売で5kg1ユーロで買ったことはありましたが、まだ上があったなんて!
ちなみに5kgはじゃがいも20個ぐらい。
もちろん、迷わず買いました。
お会計時に「安いだろー!」っと店員さんが自慢。これぞスペインライフ。



さて、今日はバルセロナの山の頂上にある「Tibidabo(ティビダボ)」というエリアの話を。


観光地としてものすごく有名な場所なのですが、中心地から行く場合は
カタルーニャ鉄道 → 路面電車 → フニクラ
と3つの乗り物に乗らなくてはならないので腰が重かったのですが、学校から帰ったら同居仲間からバイクでティビダボまで行かないか?と誘いがあり、乗り換えなしで行けるチャンスが突然やってきました。


ただでさえバイクに乗るには寒い季節なのに、ティビダボの標高は535メートル。震えました。

このティビダボには遊園地があるのが有名で、山の頂にあるのでバルセロナの中心地からは毎日それらしき建物を見ることができます。

こんな感じで毎日見えます。

一番目立つお城は遊園地の一部でシンデレラ城のようなものだろうとずっと思っていたのですが、山頂に到着してからなんと歴としたカトリック教会だということがわかりました。お恥ずかしい。

これがそのTemple del Sagrat Cor(サグラット・コール教会)
写真の通り、二つの教会から構成されていてます。
教会内に有料エレベーター(2ユーロ)があり、それに乗り塔の上まで上ることができます。


上ると・・・こんな景色が待っていました。
バルセロナ市街が一望!!!
海のそばにいたと思ったら急に山が現れたり、いったいどうなってるのバルセロナの地形!?とこれまで疑問に思っていたのでスッキリしました。こんなところによく街をつくったなぁ。


すぐ横にある遊園地も良く見えました。
1899年に開園。歴史を感じるアトラクションが目立ちます。
はるか下に見える市街に飛び込んでしまうかのようなスリルが味わえるということで大変人気があるそうです。

と、ここで疑問。
教会は1902年から1961年に亘り建設されたということは、遊園地の歴史の方が古いんだ!
遊園地のあるところに教会を作ったんだ!おかしい、とってもおかしい。
万里の長城にあるジェットコースターもかなり変ですが、このパターンも違和感がありました。

左:頂上から見た下の塔はネオゴシックの特徴がより良く窺えました。
右:奥に見えているのは1992年にイギリスの建築家「ノーマン・フォスター」の設計でつくられた高さ288mのテレビ塔「Torre de Collserola(コイセローラ・タワー)です。


教会の一番上にそびえ立つキリスト像は青銅でできており、高さ7メートル、重さは4800kg
キリストらしさがとてもよく表現されていて、瞳を見ていたら吸い込まれそうになりました。
凛としてます。



「ティビダボ イコール 遊園地」のイメージが一気に吹き飛んだ昼下がりの出来事でした。

高いところの空気ってやはりおいしいですね。





2012/02/20

スペインでピーリング体験

ピーリング。

よく聞く言葉でしたが生まれてこの方自分の肌に試したことがありませんでした。

Peeling(ピーリング)とは英語で「剥がす」とか「皮をむく」という意味で、堅くなってしまった角質を柔らかくしたり、ニキビのあとをきれいにしたり、美白や美肌の効果を向上させるためのものだそうです。

ここスペインでもPeelingと言います。
リン」という英語本来の発音に近いですが。


スペインでは家にセールスの人がやってきてプロモーションをして、気に入ったらその場で購入するという文化が根付いています。
先日はカネロニのセールスの女性がやってきて、カネロニを作りながら自社のソース、パスタをプロモーションし、誰も何も買わなくてもササっと帰っていきました。
セールスを呼ぶ代金はもちろんタダ。
タダで5人前はあるサイズのおいしいカネロニが食べられちゃいました。


私の同居仲間はこういったプロモーションが大好きで、今回はピーリング屋(化粧品屋)を呼んだのでした。


集まったのは住人とその友人の計7名。


真中で立っている人がセールスの方。見えてる部分のお肌が驚くほどすべすべでした。
もう50歳近いのよっと囁いていましたが信じられませんでした。
そして感じの良さと元気の良さはセールスウーマンとして完璧でした。


まずは手の角質落としから。
彼は医師。常にゴム手袋を付けて仕事をしているのでキレイね、と褒められていました。確かにきれい。
しかし髭の面積が大きすぎてピーリングできる部分が人の半分ぐらいでちょっと残念そうでした。

ピーリングは専用のクリームで肌を優しくマッサージし、そのクリームがだんだん固くなってきて動かなくなってきたら洗い流すという作業でした。
たくさんのはがれた角質がクリームの元に吸い取られていくようでした。

手の効果はあまり感じませんでしたが、顔の方はとってもよくわかりました。
誰かと頬ずりしたくなるぐらいすべすべに。

この後出かけたいと申し出たら、メイクまでしてくれました。
みるみるうちにド派手になっていき、鏡を見て悲鳴を上げるほどになってしまいました。
しかし、眉毛は細い一本線!ビックリしました。

化粧品は案の定高く、この日も誰も何も買わずに、それでもレディーは笑顔で帰って行きました。
ありがとうお姉さん。


この日、私の前に座っていた同居仲間の二人がどうしても何かに見えておかしくてたまりませんでした。



そう、オタクがハチマキしているようにしか見えなかったです。
「オタク」という言葉は今や世界共通語になりつつありますが、スペインでは英語の「フリーク」を文字って「フリッキー」と呼ばれています。
「フリッキー!」と呼んでこの反応。実に愉快なピソに住んでいます。