2012/01/04

バルセロナのB級中華「BAR 路路通面館」

Hola!

街を歩くとまだクリスマスツリーやサンタクロースの飾りが堂々と存在するバルセロナ。
お正月気分は街なかでは味わうことはできませんが、昨日同じ語学学校に通う日本人のお友達のお家でおせちをご馳走になりたっぷりとその気分を堪能できました。


これ全部友人が作ってくれました。 9人前。
びっくりするぐらいどれもおいしかったです。
地方色の強いおせち。
見たことのないものがあり新しい発見となったり、新しい仲間との交流もでき素晴らしいお正月でした。

左:これが私が知らなかったチョロギ
シソ科の植物の根にできる塊茎部分らしい。梅で味付けされたユリ根のような食感でした。
右:お酒をたっぷり飲んだ後はお雑煮が優しく体を包んでくれました。
まるで日本にいるかのよう。



さて、本題へ。
この会にて情報を得たB級グルメのうちのひとつ、餃子がおいしいと有名なお店「BAR 路路通面館」に早速今日行ってきたのでそのレポートを。

場所は中国人街。路路通と書いて「ルールートン」の発音に近いんだそう。
中国っぽさとスペインっぽさが交ざった外観。
汚い店内を想像していたので店構えに少しホッとして中へ。


中は、まるで中国にいるかのようでした。
中華の香り、私たち以外は中国人のお客さんだったし、これまたスペイン語が通じにくいスタッフ。
トイレなんかは中国そのものでした。


安い!とにかく安い!
とりあえず餃子「Empanadillas a la plamcha(エンパナディージャス・ア・ラ・プランチャ)を、そして「Tallarines a mano(タジャリーネス・ア・マノ)という手打ち麺、そして「Pasta de arroz fritos(パスタ・デ・アロス・フリートス = お米のペースト炒め = お餅炒め)を頼みました。


まず始めにやってきたのは手打ち麺。

あっさりした見た目。味は目を丸くするぐらいおいしい!
麺の硬さと食感、スープの程よい八角の香りと魚ベースのだし。
日本人の好む味です。十分な一人前の量でなんと3ユーロ

これまでまで友人に連れられバルセロナ市内にある有名中華レストランに何軒か行ったことがありましたが、こんなおいしい麺は初めて。


次にやってきたのはお餅炒め。
こんなおいしい炒め物がバルセロナに存在するなんて!
お餅だけではなく野菜もふんだんに使っていて食感も良い。
中華にありがちな行き過ぎた油使いでなく、程よい油と素晴らしい味付け。
大盛りで4ユーロ


そして、餃子!
皮は手作り。パリっとしてます。中はニラが効いていてうまい!
10個でなんと3.50ユーロ!


食べている最中に何人かの近所のスペイン人が餃子のテイクアウトにやってきたり、店内にもちらほらとスペイン人が入ってきました。


二人でお腹いっぱいになってお会計は13ユーロ。
このお店、本当にオススメです。
バルセロナに長期滞在してアジア料理が食べたくなった方、バルセロナ在住の方、世界のチャイナタウンマニアの方に特にオススメです。
※但し、お手洗いは済ませてから来店されることをオススメします。

一緒に行った友人も大大大満足。素晴らしい味に出会えました。


*****************************************************
BAR 路路通面館

住所:Diputació 338, Barcelona (Plaza de Tetuan のすぐそば)
電話:935 121 447
*****************************************************