2016/05/21

オープンウォータースイミング大会に参加

ランサローテ島の海で、2016年に全10回行われる水泳大会の記念すべき第一回戦に参加しました。

と言っても私ではなく、夫ですが。


”オープンウォータースイミング” と呼ばれる、海などの自然の水の中で行なわれる長距離の水泳競技で、単に ”オープンウォーター” と呼ばれたり、略語で ”OWS” とも呼ばれています。

ちなみにスペイン語では英語の直訳で ”Aguas abiertas (アグアス・アビエルタス)” 、略して ”AA” なんて言われていたりもします。


今年一年間でランサローテ島の各地で全10回行われ、そのうち4回以上出場すれば最終ランキングに名を残すことができるのだ。

距離は1.9キロメートル。
今回は夫にとって初挑戦だったので、目標は”生きて帰ること!”



第一回目の今回は、ランサローテ島で一番の観光メッカ、”Puerto del Carmen (プエルト・デル・カルメン)” で行われました。

風は強めでしたが、暑すぎずちょうど良いお天気。



出場選手に配られたグッズ一式。

参加費用わずか10ユーロで記念品として速乾Tシャツがいただけたのは感激!
ほかにお菓子、ランサローテ島名物のアロエソープ、絵葉書など。

一番大切なのは、この腕時計のように見える測定器。
これを手首か足首に装着して泳ぐことにより、タイムが自動的に測定されるのです。
とても軽く、文字盤もなく、ただのプラスチックの塊に見えるけど実はすごい。



開始は午前11時。次々に選手たちが集まってきました。


場を和ませるマスコットキャラクター、なんだか日本みたいだ。


出場選手は全員で120名、16もの国籍の人々が参加!

もしかして41歳の夫が最年長なのではと、会場に着くまで少しドキドキしていましたが、もっと上がいらっしゃいました。


 夫を見失う最後の瞬間。さぁがんばれ!


 海鳥のようにきれいな人間の姿。


 実際にほかの人に触れたり触れそうになったりで、スタート地点はものすごく泳ぎにくかったんだそう。


そうこうしているうちに、もっと長距離の部、3.8キロメートルを泳ぐ選手たちが入場するところでした。
さすが長距離、ほとんどの選手がサメ肌のスーツを着ている。


っとまたそうこうしているうちに、夫の参加した1.9キロメートルの部でダントツ一番で帰ってくる選手が!

1.90キロメートルを 27分9秒でゴール、ユース年代の男性選手でした。


夫はというと・・・
今回の目標、”生きて帰ってくる” を無事果たし、43分45秒でゴール!

同年代の男性の中で順位は真ん中よりちょっと上。
初めての参加でこの結果は予想以上だ!


 帰り道に海に浮かぶ遊園地を発見!


子供用ですが、大人も是非楽しみたいものだ。


FINISHERメダル、これは是非彼の母親に捧げたい。


このメダルをぶら下げたまま、この後スーパーに買い物に寄ったのでした。
さすがだ。